摂食障害と蘭 Eating Disorder Ran

さかなさんの摂食障害アンケート

摂食障害アンケートとは、自分の摂食体験を皆で共有しようというものです。今までも沢山の方たちが体験記録を残してくれました。そして、今回も新しいアンケートが加わります。(私もアンケートを書いてみたいという方はコチラへ。)

摂食障害アンケート

—– ペンネーム —–
さかな
—– 自分が思う性別 —–

—– 生まれ年 —–
1995年(現在21歳)
—– 住んでる場所 —–
関西地方
—– メールアドレス —–
非公開
—– 信仰してる宗教を教えてください。 —–
特になし
—– 摂食障害歴 —–
7年くらい
—– 身長 —–
159cm
—– 現在の体重 —–
79kg
—– 今までの最低体重 —–
50kg
—– 今までの最高体重 —–
81kg
—– 理想体重 —–
52kg
—– 結婚はしてますか? —–
していません
—– 子供はいますか? —–
いません
—– 付き合っている人はいますか? —–
いません
—– 現在の状態 —–
過食症
—– その他の状態 —–
非嘔吐過食、むちゃ食い
—– 昔あった症状 —–
下剤,過食症,過度の運動
—– 昔あったその他の状態 —–
競技のために食事、睡眠、運動量を自分で管理していました
—– 今の摂食の状態、心理状態を教えてください。 —–
多いときは、月の半分は過食。痩せたい気持ちが強い時は、逆に過食も悪化。一旦スイッチが入ると、取り憑かれたかのようにコンビニでお菓子類を買い込む。もともと運動が好きで、運動部だったが、体型の急激な変化で思い通りに身体が動かせないため、継続が出来なくなった。以前は運動が自分のアイデンティティを安定させていたように思う。今は「運動できない自分」という否定的な自己が確立されており、「運動できない自分」=「無価値な自分」という歪んだ捉え方しかできないようになり、自尊心も自己肯定感も落ちた。人間関係も希薄になり、太っている自分がバカにされるのではないかと、対人関係が怖くなってしまった。痩せていた頃の自分を知っている人には会えなくなった。
—– 摂食障害になったきっかけ、経緯を教えてください。 —–
中3で部活引退後、受験勉強のストレスで食欲がおかしくなり、バラエティパックのチョコレートを1度に食べたりして10キロ程激太り。高校で心機一転違う部活を始めるも、思うように競技できず、減量に勤しむようになった。自分は冬に病む傾向にあり、高校3年間は、冬激太り、春痩せるのサイクルを繰り返した。多いときは10キロの幅があった。浪人時も1年で10キロ減と10キロ強の増という経過を辿った。大学入学で独り暮らしになり、減量を試みるも上手くいかず、ひたすら食べる日々が続く。過食が酷いと、翌日朝起きられず過眠になり、半日以上寝ている日もあった。単位を落としまくり、ますます将来を悲観する日々。病院等を転々とし、途方に暮れていたが、現在通院中の所のカウンセラーと相性が良く、過食に悩まされながらも1.2回生の頃に比べると、格段に登校日数が増えている。
—– 自分の症状を理解してくれる人はいますか? —–
父母、親友、カウンセラー
—– 家族との関係性を教えてください。 —–
中学高校までは、ただの食べ過ぎで片付けられてしまい、父母とは口論も多かったが、現在は全面的に強い味方でサポートしてくれる。
—– あなたの食生活を教えて下さい —–
(調子の良い時)
1汁3菜を朝昼夕(基本和食)
間食を少々
(過食時)
朝昼夕際限なく食べ続けて1にち終わる日もあれば、昼夕に食べ続けることも
—– 過食嘔吐の頻度は? —–
嘔吐はしません。過食は週3くらい。
—– 過食時の食べ物の種類と量はどのくらいですか? —–
ドーナツ5コ、ポテチ2袋、フライヤー系3.4個、チョコレート3箱、菓子パン5個などなどを引きこもって一気食い。
ジャンキーなものや普段控えているものがほとんど。
—– 初対面の人と食事はできますか? —–
出来ない。基本人と食べるのが苦手。
—– 好きな食べ物は何ですか? —–
和食
無調整豆乳
ブリの照り焼き
バナナ
—– 嫌いな食べ物は何ですか? —–
漬物
—– 生理は止まった事ありますか? —–
2回ある。中2の1年間、高2~高3にかけて半年程(後者は半年で10キロ強痩せた時で50キロの時)
—– 生理は来て欲しいですか? —–
既に来てる
—– ドラッグはしますか?またどのくらいの量を摂取しますか? —–
アルコール辞めました。
—– どんな仕事をしてますか? —–
大学生
—– 職場(学校)での人間関係はどうですか? —–
人間関係は良好だが、マイペースなので、ひとりでいることがほとんど。人にペースを乱されるとあたふたしてしまう。
—– 病院やカウンセリングには通っていますか? —–
通院中(カウンセリングがメイン)
—– 処方された薬は飲んでいますか? —–
抗うつ剤を飲んでいたが、処方を辞めてもらった。
—– 時間に縛られてますか? —–
多分縛られてはいない。
—– あなたにとって「完治」「克服」とはどういう状態ですか? —–
食べることを管理しなくても、自分に適切な量を食べることができる。BMI22位の健康体に戻る。食べることや太ることを恐れない。1人前が分かる。人と一緒に食べることができる。食べることに対する不安感、嫌悪感が無くなる。
—– 摂食障害を治したいと思いますか? —–
治したい。
—– 自分の摂食障害が治るにはどうすればいいと思いますか? —–
とりあえず、現段階の太っている自分も受け入れる。毎日笑っている。過食以上に打ち込めることに巡り合う。
—– 治す為にどんな事をしていますか? —–
通院、今の自分の状態で出来る軽い運動、1日3食バランスよく食べる
—– 摂食障害が治ったら何がしたいですか? —–
大会に出たい、ミニスカート履きたい、おしゃれがしたい、彼氏が欲しい、安定した人付き合い
—– 自分の性格はどんな性格ですか? —–
ネガティブ、根暗、不安症、あがり症、表向きには元気で明るい
—– 自分の体でコンプレックスはどこですか? —–
全部!
—– 摂食障害以外の悩みはありますか? —–
対人関係が苦手
—– 趣味や熱中できる事、没頭できる事を教えて下さい。 —–
水泳、スポーツ、陸上競技観戦、箏
—– ちょっと自慢できることは何ですか? —–
箏と三味線がほんの少しだけ弾けます。
—– 摂食あるあるを書いてください。 —–
大抵ジャンクフードだったり、炭水化物、糖質系のものを大量に食べる。
代償行為なしの非嘔吐過食はないがしろにされがちだが、これはこれでしんどい。
—– 摂食の曲を作ると仮定して作詞を書いてみてください。 —–
たべてもたべてもたべても
埋まらない
埋まらないのはお腹じゃないよ
心の穴が埋まらない
心の穴は風が突き抜け
わたしはぽろぽろ涙をこぼす
食べられることは幸せなのか
わたしにとっては地獄です
多分分かってはもらえないけど
やっぱり共感してほしい
カショクを抱えたわたしでも
実はネクラなわたしでも
体型崩れたわたしでも
何も言わずに
無条件に受け入れて欲しい
「太ったね」は聞き飽きた
自分はしんどくてたまらないから
愛想笑いが出来なくなった
だからもう自分が言われて傷つかないように
自分の方からみんなにさよならをした
もう一生会えないかもしれない
私の過去を知っている人には
本当は今でも会いたいけど
とにかく怖くて会えません
人と関わることにも疲れた
死にたい気持ちはノートに書き殴るしかないよ
—– 蘭や旦那に聞きたいことがあれば書いてください。 —–
非嘔吐過食(むちゃ食い障害)に対してどう思いますか?
—– 私たちが運営している摂食障害専門SNSコミュニティ「Eating Disorder」を知っていますか? —–
知らない。
—– 今どんな機器をお使いですか? —–
パソコン、スマホ
—– blog,mixi,facebook.twitterなど発信してるメディアがあればリンクを貼ってください。 —–
SNSは怖いので辞めました。
—– アンケートを送信する日付を書いて下さい。 —–
2017年7月20日木曜日
—– このアンケートをシェア(公開)していいですか? —–
公開してもOK!
—– 書き残したい事を書いてください(自由文章) —–
必ず治して好きなことを思いっきりしたいし、前を向いて生きていきたいです。焦らずに地道にやります。
 

最後に

  • 他の方のアンケートも見たいという方はコチラから。(時系列順)
  • アンケートを書いてみたいという方はコチラへお願いします。


LINE@(@gcj8867p をID検索)

関連記事

コメント

コメントをお待ちしております

初めての方へ

はじめまして。蘭と言います。

1983年生まれ、現在は旦那さんと娘と息子の4人家族で神戸に住んでいます。

その前までは、5年の過食嘔吐、嘔吐を辞めて完治するまで9年。全部で14年かけて摂食障害を克服しました。

おこがましいですが、その経験を活かし、渦中にいる方のお手伝いを旦那さんと2人でしています。

お手伝いと言っても、専門家や医師ではないので、カウンセリングや、診察など出来ませんが、その他の方法でいろいろやっています。つづきを読む。


摂食障害専門SNS「Eating Disorder」

摂食障害専門のSNSを運営しています。匿名、無料、完全クローズドなネットコミュニティです。中の様子がどんな感じか蘭と旦那の投稿記事だけ下から見れるようにしています。(他の方のは見れません。)参加には条件がありますので、興味ある方はコチラをお読みください。

最近のコメント欄