摂食障害と蘭 Eating Disorder Ran

[書評・評論]「5000匹のホタル」「どろんこサブウ 谷津干潟を守る戦い」松下竜一 著

摂食障害に関する書籍や映画などの書評・評論をむちむちさんに書いていただいてます。他の書評・評論はコチラから(時系列順)

書評

1462708338

松下竜一さんの作品たち
「5000匹のホタル」理論社
「どろんこサブウ 谷津干潟を守る戦い」講談社
「松下竜一その仕事」全30巻 河出書房新社

今日は摂食障害とは全く関係ない作家さんの本の紹介です。

雑食読みの私ですが、元々は物語が好きだったので、文芸作品、特に著名な小説家の作品はそれなりに一通り目を通してきたつもりでした。が、大きな落とし穴が!

私は就労支援A型作業所で働いているので、一緒に働いている他の方々も皆さん何かしらの障害や特定疾患をお持ちの方ばかりです。
そんな職場で今一番親しくさせていただいている方は聴覚障害をお持ちの方なのですが、その事を話したところ「聴覚障害といえば、こういう本知ってる?」と本好きな知り合いに紹介してもらったのが松下竜一さんの「5000匹のホタル」だったのです。

まず松下竜一さんという作家を存じ上げなかったことに、私としては不覚!の思いでした。
1937年生まれ(2004年没)の小説家、歌人の方ですが、何冊か読んで私はすぐに灰谷健次郎さんを思い起こしました。同世代だし、児童文学やノンフィクション作品もあるし、社会派なところなど共通項が多い。今の若い方は灰谷健次郎さんももしかして知らないかも???私なんかは大好きで、自分のお小遣いで初めて買った本が灰谷さんの「兎の眼」だったりするのですが。もし興味のある方は是非是非灰谷健次郎さんの本も読んで見てくださいね!

話は戻り、松下竜一さん。「5000匹のホタル」も児童文学作品ですが、ろう学校に赴任した新米先生が耳の不自由な子供達を相手に奮闘しながら自らも成長していく…というストーリー。こう書くとなんだかありきたり?なんですが、松下竜一さんのあたたかく見守る優しい目が透けて見えるような文体で、大人でも充分引き込まれ胸にずっしりくる作品でした。今はジュニア・ライブラリーというシリーズで出ているものしかないようなのですが、こちらのイラストより、私が図書館で借りた今井弓子さんの絵がずっとずっと素敵なので、是非こちらの版で読んでいただきたい!ただ、こちらはもう絶版なので、蔵書のある図書館をあたってみてください。名古屋だと鶴舞図書館と愛知県図書館の児童閉架書庫に所蔵があります。気に入った私はその後ネットオークションで100円で購入して甥っ子にプレゼントしました。今はネットでも状態の良い古本・古本が取引されているのですね。

「どろんこサブウ 谷津干潟を守る戦い」も児童向けの読み物ですが、こういう市井の人を紹介してくれる本、素敵です。自身の利益や名誉なんてそっちのけで正義感に突っ走る人、今の世の中では特に、冷ややかな目で見られたり「ちょっとおかしな人」と捉えられがちだけれど、私はサブウのようなまっすぐな思い、行動する本能を大事にしたいと思います。こちらも自分に子供がいたらぜひ読んで欲しい一冊。

肺の病気もちで、著作もあまり売れず、自らのビンボー暮らしをあっけらかんと語るエッセイもほのぼのしていて読んでいてほっこりするし、講談社ノンフィクション賞を受賞した「ルイズ – 父に貰いし名は」などの社会派な作品も読み応えがあります。
私もまだ知ってから日が浅いので未読の作品も多いですが、ありがたいことに「松下竜一その仕事」という全集が出版されているので図書館で一冊ずつ制覇している最中です(笑)。

e

🎥最後におまけ、最近その職場の親しくしている聴覚障害の方と観に行ったフランス映画「エール!」。
両親も弟も自分以外はみんな聴覚障害を持っている家族の中で生まれ育った少女が、“歌手になりたい”という夢と、大好きな家族の間で心を揺らすヒューマンドラマ。さすがアムールの国!ティーンでもこんなに情熱的な歌詞の歌を歌うのねって驚きがあったり、意外に素人っぽい演技が笑えたり、変なツボが所々にありますが、フランス映画ならではのウイット・ユーモア満載で、とっても楽しめました。本来の上映期間は一年前だったので、つい先月DVDも発売されています。歌が好きな方にもオススメの作品です。

執筆者

19556557979_22737c91cf_z

名前:むちむち
年齢:1979年生まれ
性別:女

16歳頃から過食が始まりました。ずっと吐かない過食でしたが、2011年の暮れ頃に吐くことを覚えてしまい、そこからは毎日過食嘔吐。ひどい時は一日4〜5回食べ吐きを繰り返していましたが、現在は一日一度に落ち着いています。
私はダイエットがきっかけではなく、幼少時に受けた性虐待などが原因だと今のところ診断されています。摂食障害の他にもPTSD、うつ病、解離性障害、身体表現性障害、衝動制御障害など…色んな診断名がつけられてきました。過食が始まった頃から精神的にも不安定になり、自殺未遂を繰り返した時期もありましたが、今は短時間ながら働けるところまで快復しました。
本の虫で、とにかく数だけは読んでいるので、主に摂食障害に関する本の感想などを書くことなんかで皆さんとつながっていきたいなと思っています。よろしくお願いします!詳しくはコチラ

リクエスト本

こんな本読んで欲しい・こんな本オススメなどリクエスト本を募集しています。こちらから匿名で送信できますので気軽に書き込んでください。

最後に

他の書評・評論はコチラから。



LINE@(@gcj8867p をID検索)

関連記事

コメント

コメントをお待ちしております

初めての方へ

はじめまして。蘭と言います。

1983年生まれ、現在は旦那さんと娘と息子の4人家族で神戸に住んでいます。

その前までは、5年の過食嘔吐、嘔吐を辞めて完治するまで9年。全部で14年かけて摂食障害を克服しました。

おこがましいですが、その経験を活かし、渦中にいる方のお手伝いを旦那さんと2人でしています。

お手伝いと言っても、専門家や医師ではないので、カウンセリングや、診察など出来ませんが、その他の方法でいろいろやっています。つづきを読む。


摂食障害専門SNS「Eating Disorder」

摂食障害専門のSNSを運営しています。匿名、無料、完全クローズドなネットコミュニティです。中の様子がどんな感じか蘭と旦那の投稿記事だけ下から見れるようにしています。(他の方のは見れません。)参加には条件がありますので、興味ある方はコチラをお読みください。

最近のコメント欄