摂食障害と蘭 Eating Disorder Ran

[摂食障害×留学]Vol.9「摂食障害を抱えてこれから留学したい方へアドバイス」

「摂食障害×留学」というテーマでがんがんさんに連載コラムを書いていただいてます。連載の一覧はこちら

Vol.9「摂食障害を抱えてこれから留学したい方へアドバイス」

旦那:摂食障害と向き合いながら留学されてるわけですが、摂食障害の症状がある中でこれから留学したいと考えてる方に向けてアドバイス含め、注意点やこれ用意しておいた方がいい、こういう行動をした方がいいなど、お伝えできることを教えていただけますでしょうか?

がんがん:まず私は留学に来て摂食障害の症状が再発してしまいましたが、ここに来たことはあまり後悔していません。というのも、留学で様々な価値観(留学生が多い学校なので)に出会い、それらを受け入れなくては生きていけない環境に自分の身を投じることで、だんだんと「こうでなくてはいけない」と自分が決めつけていた価値観が揺らぎ、たくさんある時間の中で自分自身に向き合う時間を持つことで、なんとなく価値観抜きで自分と向き合う事の重要さをやっと理解することが出来たからです。
 ちょっと分かりづらいと思いますが、以前は「こうしなくちゃ価値がない」と思っていたことが、違う環境だとそうではないこともありました。そういったことを経て、「こうすべき、しなくちゃいけない」から「こうしたい」という方向に思考をシフトチェンジすることが必要だと感じ、現在その軌道を修正しているところです。
 
 あとは自分の事を自分ですべてするという事が自分自身を大切にするという作業の練習の様に感じられます。(例えば些細なことだと野菜を食べないとすぐ野菜不足になって体調が悪くなるなど(笑))

 私の経験上で「摂食障害×留学」でお伝えしたいことは、まずは目標を持つことから始めようという事です。
 私の場合、拒食時代は目標もなくてまるで暗闇の中退屈な時間を過ごしているような気分でした、結局今考えると根本は変わることなく「依存症」としての過食にその後転じてしまいました。当時は「このまま治らずに太り続ける、おさまる気がしない」という確信があって、悲観的な現状と未来しか実際は考えられませんでした。それでもなんとか明るい未来や今生きている意味を見出したくて留学すること自体を決意しました。
「留学」という1年後の目標を持ったら全く動けなかったのが少しずつ動けるようになっていった気がします。目標を伝えたら大反対する人もたくさん居ましたが、支えてくれる人も少しはいました。そしてどんどん留学の事(どこの国、どんなことetc)を決めていくにつれてなんとなく現地で何がしたいかなんかをうすらぼんやりと描き始めました。それが当時の自分が過食の症状に対処するインセンティブでした。
 
 しかし、私の今やっていることは留学前に思い描いていたこととは少し違います。なのでそんなに具体的に描く必要もないのかもしれません。(曖昧ですみません…)

 決意した当時もカウンセリングに通っていたのですが、意外にも先生には「体重は正常に戻り、命の危険が無くなった今、特に反対する理由はありません」と背中を押されたのを覚えています。逆に考えれば、拒食の人はまずは留学前に体重を維持できるライフスタイルを確立してから出国した方が良いと思います。

 アメリカやイギリスに留学される方に関してはあちらが摂食障害の治療は発達していると聞きますので、現地でカウンセリングを受けるのも手かもしれません。しかし、そのカウンセリングが合わなかった場合の対策(skypeでのカウンセリングも主治医と相談するなど)を不安なら練っておくのが良いと思います。

 あとはすごいホームシックに陥ったり、孤独感に悩まされることがあるかもしれません。そのときは無理せずに泣くなり、周りに当たり散らすなり、日本にSkypeするなりして自分のその時の感情を包み隠さずに出すようにしてください。

(留学などに関するご質問・ご相談はコメント欄で受け付けていますので、お気軽にメッセージください。)

執筆者

1

名前・・・がんがん

1995年生まれの女、留学中の大学生です。
大学1年でダイエットが引き金となり拒食になる。半年の拒食の後に過食に転じ、現在も過食と格闘しています。

欧米圏ではない留学、非嘔吐過食という摂食障害のマイノリティーに関する情報はネット上では少ないというフラストレーションから、「摂食障害×留学」という備忘録も兼ねた連載を書かせていただいています。

残り少ない留学生活ですが、節目節目で更新していこうと考えています。感想・ご質問もお待ちしています。また、私だけでなく他の方の「摂食障害×留学」もシェア出来たらと思っています。よろしくお願いします。詳細はこちら

最後に

連載の一覧はこちら

コメント

コメントをお待ちしております

初めての方へ

はじめまして。蘭と言います。1983年生まれ、現在は旦那さんと娘と息子の4人家族で神戸に住んでいます。その前までは、5年の過食嘔吐、嘔吐を辞めて完治するまで9年。全部で14年かけて摂食障害を克服しました。このサイトでは、皆の摂食障害体験を共有するアンケート、摂食障害経験者によるコラム、自由に書き込める摂食障害のための掲示板を管理しています。