摂食障害と蘭 Eating Disorder Ran

[書評・評論]「マンガ 子ども虐待出口あり」信田さよ子・イラ姫共著

摂食障害に関する書籍や映画などの書評・評論をむちむちさんに書いていただいてます。他の書評・評論はコチラから(時系列順)

書評

1

信田さよ子・イラ姫共著「マンガ子ども虐待・出口あり」講談社

また素敵な本を見つけてしまいました!2001年に出版されたものなので、大手出版社から発売されたものですが新刊書店にはもう置いてないかも。図書館の3類あたりにないか、ぜひ探して見てください。
信田さよ子さんはあの斎藤学先生(ここでも何度もその著書含め紹介させていただいている、摂食障害はじめ、日本における嗜癖、依存症分野での第一人者ですね)のもとでも勤務経験のあるという臨床心理士の方。「シリーズケアをひらく」の時にもとりあげた「カウンセラーは何を見ているか」、毒親本の先駆けとも言える「母が重くてたまらない 墓守娘の嘆き」、「家族収容所」、「共依存・からめとる愛」…著書はとても多く、私もほとんど読ませていただいています。いろんなカウンセラーや精神科医がいるけれど、私個人的には信田氏の考え方は好きっていうか合っているので学ぶことは多いです。摂食障害のほかに、アルコール依存症、DV、アダルトチルドレン、子どもの虐待などの分野を主に、現在進行形で勢力的に活動されています。

イラ姫さんという漫画家は、親からの虐待を受けて育ち、摂食障害その他の症状を発症します。アダルトチルドレンのグループカウンセリングで出会ったお2人がその後再会してこの対談本(正確には、イラ姫さんの旦那さんと編集者も含めた4人の話し合い)を上梓されました。イラ姫さんの生育歴はとても凄惨で悲惨だったであろう事が本文からも伝わってきますが、その辛さを訴えることが目的の内容ではないので、重い内容をイメージされた方はご安心ください。信田氏が「笑いとともに読んでいただきたい」と述べているように、楽しいイラストや脚注と、たくさんのユーモアを交えて描かれているので、虐待がテーマといえども深刻一辺倒ではないから読みやすいし、抵抗少なく読み進んでいけると思います。(それでもやはり想像すると変に共感してしまったりして、私個人的には辛いものはありましたが…)
家族内での子供への虐待がいかにその後の子供の生育に悪影響を及ぼすか、また、虐待が疑われた時、虐待された子供へのケアはもちろんですが、虐待をしてしまう親に対してどう接すればよいのか、そして最終的には「家族」を根底から問い直していく…現場の第一線で当事者と向き合ってきた信田氏ならではの金言がたくさんすぎて。ここでピックアップして紹介しはじめたらきりがなさそう。それくらい内容の濃い一冊です。その中でも印象的だったものをひとつ。
家族に必要なのは愛情よりもまずは親切だと。人は、道ですれ違うだけの他人には暴力や虐待を加えるような悪意を持たないが、その逆に愛情も持たない。人が人と接するうえで、まずは相手に対して思いやりの心、親切心を持つことから関係性は始まるのだと。
…と、あげてみたけれど、うーん、もっと!!!って思った部分もほかにいっぱいあるしな〜。とにかく読んでみて欲しいです!他の著書では窺い知れなかった信田氏のおちゃめなパーソナリティ?を垣間見れるのも、ファンには嬉しい一冊です。

おまけ… 清心海「セラピューティック・ラブ」角川書店
去年堺雅人・蒼井優主演でドラマ放送された「Dr.倫太郎」原作本。精神科医が主役だったので、普段全くドラマを観ない私もちょっと観てました。和田秀樹さんがドラマの医療監修に関わっていたので、そんなにこれはおかしいでしょって感じは持たずに観てましたが(それでもまあ、良かったとは言えなかったかな…先輩医師の遠藤憲一さんの過食嘔吐はえ〜っ!!ってかんじだったし…)、この本は最悪すぎて(笑)びっくりしました。ていうか、一小説家とか、精神医療分野でないひとが書いたものならまあ笑って済ませられるのですが、著者は都内でカウンセリングオフィスを開業と堂々とプロフィールにあったので、マジでこれ書いてるのか!とビックリ仰天、呆然唖然…もしこのキテレツな無駄に長い本読んだ奇特な方が私以外にもいたら、「お互い無駄な時間を費やしたね…」と慰め合いたいです。

執筆者

19556557979_22737c91cf_z

名前:むちむち
年齢:1979年生まれ
性別:女

16歳頃から過食が始まりました。ずっと吐かない過食でしたが、2011年の暮れ頃に吐くことを覚えてしまい、そこからは毎日過食嘔吐。ひどい時は一日4〜5回食べ吐きを繰り返していましたが、現在は一日一度に落ち着いています。
私はダイエットがきっかけではなく、幼少時に受けた性虐待などが原因だと今のところ診断されています。摂食障害の他にもPTSD、うつ病、解離性障害、身体表現性障害、衝動制御障害など…色んな診断名がつけられてきました。過食が始まった頃から精神的にも不安定になり、自殺未遂を繰り返した時期もありましたが、今は短時間ながら働けるところまで快復しました。
本の虫で、とにかく数だけは読んでいるので、主に摂食障害に関する本の感想などを書くことなんかで皆さんとつながっていきたいなと思っています。よろしくお願いします!詳しくはコチラ

リクエスト本

こんな本読んで欲しい・こんな本オススメなどリクエスト本を募集しています。こちらから匿名で送信できますので気軽に書き込んでください。

最後に

他の書評・評論はコチラから。



LINE@(@gcj8867p をID検索)

関連記事

コメント

コメントをお待ちしております

初めての方へ

はじめまして。蘭と言います。

1983年生まれ、現在は旦那さんと娘と息子の4人家族で神戸に住んでいます。

その前までは、5年の過食嘔吐、嘔吐を辞めて完治するまで9年。全部で14年かけて摂食障害を克服しました。

おこがましいですが、その経験を活かし、渦中にいる方のお手伝いを旦那さんと2人でしています。

お手伝いと言っても、専門家や医師ではないので、カウンセリングや、診察など出来ませんが、その他の方法でいろいろやっています。つづきを読む。


摂食障害専門SNS「Eating Disorder」

摂食障害専門のSNSを運営しています。匿名、無料、完全クローズドなネットコミュニティです。中の様子がどんな感じか蘭と旦那の投稿記事だけ下から見れるようにしています。(他の方のは見れません。)参加には条件がありますので、興味ある方はコチラをお読みください。

最近のコメント欄