摂食障害と蘭 Eating Disorder Ran

[蘭に質問・動画で回答]なぜ太ってもいいから治そうとおもえたのでしょうか?

質問を動画で回答しています。今回も答えさせて頂きました。(質問・相談は随時募集中

質問者:ふんわり名人さん

こんにちは。
私は拒食から吐かない過食になって一年くらい経ちます。
以前、蘭ちゃんの克服過程までのお話をしている動画のなかで、「吐くのをやめたら太るとか思わなかったのか」とゆうきさんが質問されたのに対して「太ってもかまわないと思った」と答えてたのがとても印象的でした。
どうしてそれまで痩せていることにこだわり続けていたのに、太ってもいいから治すとおもえたのでしょうか?
また、克服したいまでも、太るのは嫌だなと感じるのですか?

回答は動画で。

文字起こし

(文字起こしはのりぴよさんによってまとめられました。)

(旦那)どうもどうも

(蘭)やっほー♪

(旦那)質問コーナーです。ふんわり名人さん。

(蘭)はい!何をフンワリするんやろか?

(旦那)ふんわりするんやろなあ、かなり

(蘭)あはは、そうかそうか。分かった。

(旦那)ふんわりした質問かもしれんで

(蘭)はい。

(旦那)
”こんにちは。
私は拒食から吐かない過食になって一年くらい経ちます。
以前、蘭ちゃんの克服過程までのお話をしている動画のなかで、「吐くのをやめたら太るとか思わなかったのか」とゆうきさんが質問されたのに対して「太ってもかまわないと思った」と答えてたのがとても印象的でした。
どうしてそれまで痩せていることにこだわり続けていたのに、太ってもいいから治すとおもえたのでしょうか?
また、克服したいまでも、太るのは嫌だなと感じるのですか?”

(蘭)はい。
蘭ちゃんその質問を読んでから一週間くらい色々考えてたんや。

(旦那)エライ考えたなあ。

(蘭)いや、自分の中でもやっぱり、その時ってあまり何も考えてないやん?
考えてないねんけど、後から考えたら、「あ、こうやったな」っていうのがあんねんけど。

(旦那)だいたいアドリブで答えてるからなあ。

(蘭)よくそういう質問があってん、過去にも。
その時にはもう、「一か八か、死ぬか生きるかで生きるのを選んだから」みたいなザックリしたことを言ってたやん?

(旦那)はいはい

(蘭)もう、太ることを受け入れるというか。

(旦那)はいはい

(蘭)でも、まあそれはもちろんやねんけど、その前に、痩せてた時にいろんな経験をしてん。

(旦那)はい

(蘭)まあもちろん、過食嘔吐ってツライし、その吐く行為って。で、まあ痩せてる自分っていうのが自分じゃない。ウソの自分。偽物の自分の用な感じやん?それって。嘘ついてるって感じ。なんかあのー…せこい事をして痩せてる?

(旦那)うん

(蘭)ほんで…

(旦那)不自然な体型になるよな、やっぱり。

(蘭)まあ、体型というか、普通に生活してて手に入れてる体型じゃないわけやん?

(旦那)まあね、言い方悪いけどね。

(蘭)だから、そういう偽りの自分でずっと生きていくのかどうか?っていうのも天秤にかけたわけ。
それと、痩せてた時に、男の人とか…まあ女の人もそうやけど、「可愛いね」とか寄ってくるやんか?

(旦那)来るなあ。

(蘭)それがすごい薄っぺらかったっていうのが。

(旦那)あー、わかるわかる。

(蘭)ていうかもう、失望したわけ。男ってこんなんなん?みたいな。

(旦那)ああ、そやなあ。

(蘭)なんか、こんなことに蘭ちゃんは…こんなことのために頑張ってたんか、みたいな。

(旦那)やと思うわ。

(蘭)結局は、なんかその、男の人がそういう風に言ったって、「ああ、はい。体目当てね」とか。
なんかすごいそういう風に信用出来なくなるわけよ。
「ああ、見た目ね」って。
なんか自分も人を見る目が薄っぺらくなるし、自分もすごく薄っぺらい人間に見られてるっていう感じがして…。

(旦那)ああ~。

(蘭)中身が無い?その割にはかなり苦労して手に入れてるやん?現状…っていうか痩せてることを。

(旦那)うんうん。

(蘭)ファッションして着飾ってとか、お金使ってしてる割には、その代償が薄っぺらかってん。
一時的には嬉しいけど、可愛いとかね。そういうのって。
でもなんかもう、それを上回るほど辛かったわけよ、なんか。
しんどかってん。
その偽物の自分とかっていう現実を受け止めることが。
それをずっと、一生こんなんなんか?って思ったら…

(旦那)あの、優しい人とか、所謂いい男ってのは…もちろんそら可愛いとか美人の人の方がいいとは思ってるけど、
やっぱ行こうとせえへん。
よっぽど向こうから近寄ってコント行こうとせえへんやろ。
シャイな部分もあるけど、やっぱりどこかで…「ああ、根っこないんちゃうかな」って思うよね。

(蘭)中にはほんまに見た目関係なしに蘭ちゃんの事好きになってくれた人もあるかもしれへんけど、それさえもあんまり信用できひんわけよ。

(旦那)逆に考えて?ブサイクな人がおるとするやん?
ほんで男の人がすごい愛してくれたと。
それに関して結構、信用できると思わへん?

(蘭)その男の人がやろ?

(旦那)そうそうそう。そういうこと。

そのな、摂食脳になってる時って、いい男かいい男じゃないかっていうのを判別する能力が下がるんちゃうかなあ?と思う。

(蘭)下がるし、自分も見る目がレベルが上ってるから、見た目がいい男がいいねん。

(旦那)うん。分かる。でも、見た目がええ男って…うん…まあそやなあ。

(蘭)ほんで、優しくて、若干見た目がアカン人が好いてきてくれたって、「どんな蘭ちゃんでもいいよ」って言ってくれる優しい人が来てもはねてしまうねん。やっぱり。

(旦那)あなたランクじゃ無理よっていうことなんやろ?(笑)

(蘭)いやランクっていうか、やっぱ、自分にやっぱり厳しいやん?自分のことに関して。

(旦那)ああ~、ふんふん。

(蘭)やっぱ相手にも厳しいねん、そういう時。

(旦那)うーん

(蘭)妥協がないわけよ。だからまあ、そういう感じに疲れたわけ。蘭ちゃんはかなり。

(旦那)負のスパイラルになりやすいなあ。

(蘭)ほんでやっぱりもう、コレが一生続くのか?って思ったらほんまに絶望したワケ。

(旦那)なるほど。

(蘭)でまあ、身体的にも疲れてたっていうのもあるし。痩せすぎて。

(旦那)うん

(蘭)だからもう、痩せることはよくないっていう感じ?良い事なかったっていう感じ?

(旦那)だから、前言うたけど、あのー…
一旦、学生の時にそれを経験したらいいんちゃうかな?ッて思うよ。
細くなって、男の人からモテるっていう感覚を味わって、若気の至りとしてクリアしてから次のステップにいったらエエんとちゃうかな?って思うで。

(蘭)うーん…

(旦那)まあそこで病的に摂食脳になったら困るけど。
ただ、もう思い出したらそれって思ってまうやろ?女子。
男子もそうやけど、女子はとりわけ、もう思ってしまったらファッションとか美容とかモテるモテないとか、そんなんに夢中になってまうやん?
ほんならそらもうやってまうほうがいいと思うねんな、夢中になったら。

(蘭)まあ、やりきってもいいと思うねんけど、その前に…摂食になる前の事やけど、
やっぱりあのー…取り柄が無かってんや。蘭ちゃん。全く。

(旦那)ああ

(蘭)蘭ちゃんは生まれた時からずっと取り柄が無かったわけよ。
取り柄っていうかその、習い事をしても続かへんし、勉強も嫌いやったし、何やろ?
何か飛び抜けて何かあるわけでもなかったんや。
ほんで、まあそのまま思春期に入って中学生くらいになった時に恋愛とかなって、
やっぱり男の子は可愛い子にいくわけよ。
で、そういうのがすごい羨ましかって、「どうやったら可愛くなれるんやろ?」って思って
ほんでまあ行き着いたのがダイエットやって。
だからやっぱり摂食障害にならない1つの方法としては、そういう何か自信があるものを…自分に自信があったらなりにくいと思うねん。蘭ちゃんは。
他の部分で。見た目とかじゃなくて、スポーツとか…まあでも頭がすごい良い人でも摂食になる人はなるからな、あれやねんけど。
それもあるんちゃうかな?ッて思う。です。

(旦那)やっぱストイックな人やな、なりやすいで言ったら。

(蘭)うーん…なんやろ?ダイエットしても三日坊主で「まあいっか」って思える人と、「もっともっと」ってエスカレートする人…

(旦那)蘭ちゃん見てたら、かなり、一部の点だけストイックやと思う。後は飽き性やけど。全体を通したら飽き性やけど、一部分だけ異常にストイックなとこがあるから…

(蘭)ストイックというか、一個のことをずっと続けれるタイプやからね。

(旦那)そう、そういう人って、珍しいから。俺から見たら。

(蘭)まあゆうきは飽き性やからなあ。

(旦那)うん、まあ俺は飽き性やからなあ。あれやけど。
だから、例えば俺が過食嘔吐するとするやん?絶対続かへんと思うもん。
たとえメリットがあっても。

(蘭)「あ、しんど!」ってなるやろな(笑)

(旦那)「うわ、もう無理…」みたいな(笑)

(蘭)もっと効率がいいやり方無いかな?って考えるほうやん?どっちかというと。

(旦那)考えるな。だってそもそもデメリットが結構あるから。

(蘭)だから蘭ちゃんは、新しい方法っていうのを考える事をせえへんから、考えたとしえもやらへんねん。今の現状を維持したいタイプやから。

(旦那)まあいいわ、それは。

(蘭)まあ、ふんわり名人さんの回答をするならば、あのー…
あれやなあ。やっぱり、今のツライ状態…食生活、食生活で発生する人間関係。仕事とか。そういうネガティブな部分が一生続くのか、それを辞めて新しい自分に生まれ変わるのかどっちがいいかって天秤にかけた時に、太ることなんて…
なんていうんかな?
太ることなんて受け入れなあかんっていう感じやな。

(旦那)だから蘭ちゃんは、なんで太ることを受け入れたかって言ったら、
目標であったメリットである「モテる」っていう事に関して、大したことなかったからっていうことやろ?

(蘭)あ、だからそれは1つの理由としてやで?それだけが全部じゃないで?
もちろん、あのー…過食嘔吐がしんどかったっていうのがあるし、
一生その生活が続くっていうのもしんどかったし。

(旦那)思うねんけど、その、「モテる」と「美しい」って一緒じゃないからね。

(蘭)うん、違うよ。
やっぱり美人がモテるワケじゃないし…

(旦那)違うでな。で、痩せてるからって美しいわけじゃないからね。
不自然なほど美しく見えないもんはないからね。
やっぱ自然体ほど美しくみえるから。

(蘭)だからその自然体が無かってんや、蘭ちゃんには。その摂食の時には。

(旦那)うん。だから摂食の人ってだいたい不自然やから、摂食の人からみたら
「あ、この人摂食やねんな」っていうのが分かんねん。体型が不自然やから。

(蘭)不自然やし、いつも人の顔色っていうか人の目とかをきにしてるから、あのー…
挙動不審?…やっぱり自分ばっかり見てる?
自分で鏡ばっかり見たりとか、あのー…

(旦那)あのね、多分、色んな人と喋る経験が少ないから、いざこう喋った時にちゃんと喋らへん。
なんかちょっとシャイな感じで…なんて言うんかな?ビビリながら喋る感じはあるかもしれん。
なんて言うんかな?そこまで自分を卑下せんでもエエのになっていう。自分を下げてる。

(蘭)だからもうあの、蘭ちゃんが摂食障害を克服しようって決めた時に、もうまず最初に一番に思ったのが、「太ることを受け入れよう」っていうことやねん。
もうそれが、それが無理やったら絶対治されへんと思ったから。

(旦那)覚悟やな。

(蘭)覚悟やなあ。なんて言うんかなあ?太る自分を受け入れようというか、
もうそれにこだわるのをやめよう。だからとりあえず、体重測らないとか、鏡見ないとか。
そういう感じ。
もう徹底的に、その部分に、あのー…こだわらないような行動と思いをした。

(旦那)”克服した今でも太るのは嫌だなあと感じますか?”

(蘭)えーとね、太ってもいいけど…できるなら普通の体型でいたいよね。
だから、あのー…もし妊娠して太るとか、そういうのは全然いい。
ただ自分が暴飲暴食して太るっていうのはあんまりしないようにはしてる。
まあそれは、何となく…普通の感覚であんまり嫌やな。そんなめっちゃブクブク太るっていうのは。

(旦那)だって夜炭水化物抜いてるしなあ?

(蘭)あ、その分お菓子食べてるからな。そんな感じです。
こんなんで伝わるかなあ?

(旦那)伝わると思う。多分。

(蘭)もう何回も言ってるけど、ほんまに…覚悟やねん。覚悟というか…
「戻りたくない」っていうこと。摂食障害に。

(旦那)じゃあもう、太る太らん以前の問題やな。
太るのを受け入れるっていうのは、結構浅い段階って言うことやね?

(蘭)いや、それはだいぶ…。
始めたのが、痩せたくて始めた事やから、そこってすごい大きいねんけど、
でも、太るのは受け入れてんねんけど、食べられへんっていう葛藤があったな、蘭ちゃんは。
それが一番大変やった。
じゃあいざ「食べて」って言われたら食べられへんわけ。怖くて。

(旦那)クセみたいなもんなんやな。

(蘭)頭と行動が一致してない。太っていいねんけど食べられへん。肉とか。
まあそれは何回も克服過程の時に言ったけど。

(旦那)徐々にやなあ。徐々に食べれるようになってきたんやな。
9年かかった。ゆっくりやな。

(蘭)そうそうそう。

(旦那)じゃあ、ふんわり名人さんに締めてください。

(蘭)蘭ちゃんでもできたから絶対できると思います。

(旦那)さよなら

(蘭)さよなら、また質問待ってます。

文字起こしライター

noripiyo

ペンネーム:のりぴよ
年齢:1989年生まれ
性別:女
好きなもの:鳥

高校の時に始めたダイエットがキッカケで拒食になり、その後→過食→過食嘔吐まで経験しました。摂食障害を抱えてた数年間はたくさん葛藤したり一喜一憂したりと色々と経験しましたが、そのいろんな経験という人生のパズルを積み重ねていくうちに、だんだん「摂食の症状に頼ろう」っていう気持ちが無くなって、24歳の頃にきっぱり摂食さんを手放しました\(^o^)/そんなかんじで一応、克服した人っていう設定です(笑)詳細はコチラ

最後に

  • 私も相談したい・質問したいという方はコチラから。
  • 他の質問を回答してる動画を見たい方はコチラへ。


LINE@(@gcj8867p をID検索)

関連記事

初めての方へ

はじめまして。蘭と言います。

1983年生まれ、現在は旦那さんと娘と息子の4人家族で神戸に住んでいます。

その前までは、5年の過食嘔吐、嘔吐を辞めて完治するまで9年。全部で14年かけて摂食障害を克服しました。

おこがましいですが、その経験を活かし、渦中にいる方のお手伝いを旦那さんと2人でしています。

お手伝いと言っても、専門家や医師ではないので、カウンセリングや、診察など出来ませんが、その他の方法でいろいろやっています。つづきを読む。


摂食障害専門SNS「Eating Disorder」

摂食障害専門のSNSを運営しています。匿名、無料、完全クローズドなネットコミュニティです。中の様子がどんな感じか蘭と旦那の投稿記事だけ下から見れるようにしています。(他の方のは見れません。)参加には条件がありますので、興味ある方はコチラをお読みください。

最近のコメント欄