摂食障害と蘭 Eating Disorder Ran

[蘭に質問・動画で回答]回復において一番大事だったことはなんですか?

質問を動画で回答しています。今回も答えさせて頂きました。(質問・相談は随時募集中

質問者:あこさん

回復において一番大事だったことはなんですか?

回答は動画で。

文字起こし

(文字起こしはのりぴよさんによってまとめられました。)

(旦那)どうもどうも。

(蘭)こんにちわ~

(旦那)こんにちわ。蘭ちゃんの質問コーナー♪
あこさん。
”回復において一番大事だった事はなんですか?”

(蘭)はい。えー、蘭ちゃんが克服過程で、気持ち的に心がけてた事は、まあ、「絶対戻らない」って事やな。

(旦那)過食嘔吐に?

(蘭)過食嘔吐に戻らないって事やな。

(旦那)うん。

(蘭)それのみやねん。その間に、ちょっと食べれるようになったものが増えたとするやんか?

(旦那)うん

(蘭)ほんで、普通やったら…まあ普通やったらっていうか、大体さあ、食べれるようになったものが増えたとして…でも次の日はやっぱり食べれないってなった時に落ち込んだりするやん?

(旦那)うん

(蘭)だからそれは別によしとしててん。それは許してた。自分に対してそれは許してた。

(旦那)大したことないと。

(蘭)大したことないというか、とりあえず「吐かない」ということが…吐きさえしなければ、そこで一歩進んで二歩下がったとしても、「吐かなければいい」と思ってた。

(旦那)なるほど。

(蘭)分かるかな?

(旦那)分かるよ。

(蘭)それが一番大事やったな、蘭ちゃんの中では。

(旦那)ふーん。じゃあもし、吐いてしまった時はどうするん?

(蘭)いやだから初期の頃は泣いて悔やんでたけど…まあそんな…数回のものやけど。その…ヤバイって思ったね。死んだほうがマシくらいの。

(旦那)そうやんなあ

(蘭)そのぐらいの後悔やったね。吐いた時は。

(旦那)そこが難しいんちゃう?

(蘭)だからそれほど…ダメな事をしたっていう。蘭ちゃんの中ではやで?そう思ってた。

(旦那)あこさんの場合は、嘔吐なしやから、まあ過食衝動って事かな?だからこの過食衝動をなくすために、蘭ちゃんと一緒で、かなり時間を調整してる感じやな。時間と食べ物。何時にどれくらい食べるかっていうのを、コントロールして、過食衝動を起こらないようにしてる感じ。結構厳密に。

(蘭)そうやねんなあ。なんかそれを…すごい自分で作ったルールで自分でがんじがらめにしてんねんけど、それが崩れたら、過食をしてしまうとか、そういう風に自分で思い込んでんねん。多分。思い込んでてん、蘭ちゃんも。

(旦那)うん

(蘭)で、実際そうしてしまうし。だからそれさえちゃんと守ってたら、あのー…過食も起こらないし、っていうかんじやな。

(旦那)うん。

(蘭)そういう風に自分を作ってた感じ?

(旦那)これは良いの?

(蘭)うーん、しんどいけど、でも、上手くいったら上手くいくやん?

(旦那)そうやな。例えば、あこさんの場合やったら、まあ朝食は7時半に食べて、間食に10時半、昼食13時、間食15時半、夕食17時半、間食19時…だいたいこの感覚で、決められた量を食べれば満足するっていう事なんやろなあ。

(蘭)満足するというか、上手くいくねん。

(旦那)うん。で、これが大幅に崩れた時に、特に夜とか崩れたら…結構ヤバイっていう感じやね。読むと。まあ、蘭ちゃんもそれすごいあったよな。

(蘭)だからまあその、なんていうんかな?蘭ちゃんの克服過程では、やっぱり食べるのが好きやん?本来は。食べたい。まあ食べるんが好きっていうか、食べることにすごいがんじがらめしてるから、本当は食べたいワケやん?だからその食べる時間ってあるやんか?それをできるだけ伸ばしたいわけ。

(旦那)うん

(蘭)だから、食べることに1時間かけたりしとってん。スゴイ少ない量でも。

(旦那)うん

(蘭)でもその1時間かけて食べれば、他のものを食べる必要がなくなるわけよ。

(旦那)意味はあったん?

(蘭)うん。蘭ちゃんの中では意味があった。

(旦那)ふーん。で、あこさんの場合は、えー…1日3食プラス3回の間食で合計で3000kcal以上の摂取を目指してると。体重を戻したいので。

(蘭)うん。

(旦那)っていう風な感じやね。かなりコントロールしてる。でもそのせいで恐らく、柔軟な対応が出来んってことは、友達とかが減っていく可能性があるよね。

(蘭)うん。

(旦那)まあ、幸いにも彼氏は理解してくれているみたいやから…その辺は大丈夫っぽいねんけど。

(蘭)うん

(旦那)どうですか?

(蘭)まあ、友達は別に考えんでもいいと思うで、蘭ちゃん。そのー…そんなんで離れて行くようなら…なあ?って感じやし。だからそこを曖昧にして「食べられないの私」って言って、「ああ、そうなんや!」って軽い感じの友達もおるし、「えーなんで?」って疑問を持って気持ち悪いって離れていく人もおるし…深く知りたがる人もおるやん?で、深く言って、理解してくれて付き合ってくれる友達もおるし。

(旦那)それだけで充分やんな?蘭ちゃんの場合もそうやけど。

(蘭)そうやな。蘭ちゃんはおらんかったけどね。一人しか。

(旦那)でも一人でも充分じゃない?

(蘭)うん、一人でいいねん。

(旦那)で、そのー…彼氏とか恋人がそれを理解してくれてたら一番いいよな?

(蘭)うん

(旦那)それだけでワリと充分じゃない?

(蘭)うん

(旦那)で?

(蘭)だからそのー、あこさんの質問は、克服過程で一番大事にしてたことは何ですか?っていう質問やん?で、蘭ちゃんは、「絶対に摂食障害に戻らない」っていう事やな。摂食障害っていうかまあ、過食嘔吐に戻らないっていう事。のみ。うん。他はもう…自分のリズムで焦らず、克服していくっていう感じやな。

(旦那)社会的に適応するんが難しいけど…それで良いと思うねんな?

(蘭)うん…まあしんどい時もあるし、引け目っていうか…あのー、やっぱり自分ルールで自分で動いてるから、その人に合わせられへんところがあって引け目があんねんけど。社会に出たら。でも、もうしょうがないって思ってた。自分のために。自分がそういう人間関係が築けなかったとしても、自分が摂食障害に戻るよりはマシやなあと思ってた。蘭ちゃんは。

(旦那)うん。

(蘭)そっちを優先してた。自分は何のために生きるか?っていう。自分を大事にしてた、すごい。

(旦那)うん。深い!

(蘭)うん。だからそこさえ治せばというか…まあ、治ったら出来るわけやん?そういう人間関係っていうのは。

(旦那)おお、なるほど。

(蘭)だからそれは、いつかは出来るって思ってたから、それよりも自分がちゃんと食生活とか、一人と思われようが大丈夫っていう強い心を築いていける方が大事やったな。自分づくりというか、自分を立て直す方が大事やったな。

(旦那)あこさんは、今大学生で、まあある程度コントロールし易い立場におる。

(蘭)うん

(旦那)まあ社会に出たら、その辺が難しくなってくる。

(蘭)うん

(旦那)まあ主婦になれば自由自在やから、ほぼ。まあ子供とか出来たらちょっとアレやけど。まあでも全然コントロール出来る。中で、俺が思うんは…1つ聞きたいのは、これをやっていく中で、これ克服方法やと思うねんな、これって。

(蘭)うん

(旦那)例えば、過食なり、拒食なり、嘔吐なりを一切やめて、こういう風にコントロールしてるっていうのは克服方法やともうし、蘭ちゃんの方法やと思うねんな、それって。蘭ちゃんがやってきた。で、それって、蘭ちゃんが今言ったように、戻ってしまうことさえなければOKっていうことやん?

(蘭)うん

(旦那)で、その、戻るキッカケがあるわけやん。嘔吐する。それをした時に絶望が来るわけやん?

(蘭)うん

(旦那)その時の対処が知りたいよね。で、そっからなし崩し的にドドドドドっていっちゃう可能性があるわけやん?

(蘭)だから、あこさんの場合は彼氏がおるやろ?彼氏に話しを聞いてもらう。蘭ちゃんもお母さんがそばにおったから。まあ、その時は受け止めてくれたけど…そういうそばに居る人が居なかったらちょっと辛いよね。そういう…何やろう?パニックになった時にそれを抑えてくれる人が居たほうが、冷静にもどれるし、「一緒に頑張ろう」って言ってくれる人がおれば、また戻れるよね。

(旦那)「治したい」っていう決意と、そういう過食衝動とか嘔吐とかになった時のパニック状態になった時に助けてくれる人を置いとくと。…っていうことやね?

(蘭)うん。でも多分おらへん人もおるやん?

(旦那)そうやなあ。

(蘭)そういう人っていうのはやっぱり、薬に頼ってしまったり、やっぱりなんか何かにすがりつきたいから。何かに依存して、他の物に依存したりとか。

(旦那)それってSNSじゃあかんの?弱いん?

(蘭)弱い!すごく弱い。

(旦那)ふーん。隣におらんとあかんって事やな?

(蘭)うーん…やっぱり自分の、全てを…。SNSでもやっぱり、カッコつけてるところがあるやん?

(旦那)あるなあ。

(蘭)だからもう、全部丸裸でも見せれるくらいの、もう、いい所も悪い所も汚い所も全て見せれる人がいないと、難しいんよなあ…と思うな。

(旦那)で、思ったんが、あのー…摂食障害をどうするかっていう事で、二通りあるやん?

(蘭)うん

(旦那)前も言ったけど、1つは「完全に治す」ってやつと、1つは「背負いながら生きていく」っていうやり方や。で、このあこさんの場合は、完全に治したいと思ってて今それをやっている。と。

(蘭)うん。それで良いと思う。蘭ちゃんは。蘭ちゃんもそのやり方で治った。

(旦那)うん

(蘭)で、もう一つ…アドバイスをするなら、あのー…今大学生やから自由にコントロール出来るって言ってたやん?時間とか。

(旦那)うん

(蘭)で、社会に出たら難しよねっていう話やったけど、蘭ちゃんは、まず仕事するうえでどういう仕事を探したかって言ったら、朝から夕方までの仕事。

(旦那)うん

(蘭)で、そういう…なんやろうな?規則正しい仕事を探したわけ。

(旦那)うん

(蘭)自分が規則正しかったから。時間的に。食事の時間も全部そうやけど。ある程度自分がコントロールをそのまま出来やすい仕事についたワケよ。

(旦那)うん

(蘭)だから、まあ、やりたい仕事でもあったけど、出来るだけそういう風に、最初は自分優先で仕事を探した方が良いと思う。

(旦那)はい。

(蘭)分かる?

(旦那)分かる。残業が多くて夜遅くに帰ってくるとかそういうのはあかんっていう事やな?

(蘭)うん。あと、外見に惑わされない仕事。

(旦那)ファッション関係とか、美容とかはやめたほうが良いって事?

(蘭)そうそうそう。やめたほうが良いと思う。自分がたとえそういうのが好きであっても、やっぱり、とりあえずは…もう何て言うんかな?蘭ちゃんもう、克服過程の時って、刑務所に入りたいって思ってたほどやってんや。すごい無責任な発言やけど。刑務所の中やったらもうやらざるを得ないし、逃げられへんし、強制的に規則正しい生活が送れるワケやん?

(旦那)うん

(蘭)だから蘭ちゃんは刑務所に入りたいなあっていうくらい、あのー…思っててん。自分が甘えれない、そういう環境に置きたい。だから、できるだけそういう地味なって言うか、自分を飾らなくても良い職に就いたほうが蘭ちゃんは良いかなあと思う。

(旦那)うん。

(蘭)まあ蘭ちゃんの意見やけど、これは。…で、余裕が出てきたら仕事はやめれるやん?別に。やめて、自分の好きな仕事をしたら良いと思うねん。自分でコントロール出来るようになってきたら。食とか時間もある程度融通が効いて、突発的なお誘いとかでもまあまあ行けたり行けなかったり出来るくらいの余裕が出てきたら、自分が好きな仕事に就けばいいと思う。

(旦那)うん

(蘭)それまでは、自分優先で、自分の生活サイクルを守れる仕事に就くのが良いと思います。

(旦那)はい、わかりました!それじゃあ。

 

文字起こしライター

noripiyo

ペンネーム:のりぴよ
年齢:1989年生まれ
性別:女
好きなもの:鳥

高校の時に始めたダイエットがキッカケで拒食になり、その後→過食→過食嘔吐まで経験しました。摂食障害を抱えてた数年間はたくさん葛藤したり一喜一憂したりと色々と経験しましたが、そのいろんな経験という人生のパズルを積み重ねていくうちに、だんだん「摂食の症状に頼ろう」っていう気持ちが無くなって、24歳の頃にきっぱり摂食さんを手放しました\(^o^)/そんなかんじで一応、克服した人っていう設定です(笑)詳細はコチラ

摂食障害アンケート

—– ペンネーム —–
あこ
—– 自分が思う性別 —–

—– 生まれ年 —–
1994年(現在21歳)
—– 住んでる場所 —–
神戸市
—– メールアドレス —–
非公開
—– 信仰してる宗教を教えてください。 —–
なし
—– 摂食障害歴 —–
摂食障害歴1年
—– 身長 —–
169cm
—– 現在の体重 —–
49kg
—– 今までの最低体重 —–
42kg
—– 今までの最高体重 —–
89kg
—– 理想体重 —–
57kg
—– 結婚はしてますか? —–
未婚
—– 子供はいますか? —–
なし
—– 付き合っている人はいますか? —–
あり
—– 現在の状態 —–
拒食症,過度の運動,うつ病,脅迫性障害,自傷行為
—– その他の状態 —–
抜毛症
—– 昔あった症状 —–
下剤,絶食,不眠症
—– 昔あったその他の状態 —–
なし
—– 今の摂食の状態、心理状態を教えてください。 —–
6月から本格的な回復期で、食事はかなり普通になりましたが、まだ食べ物への恐怖があり味覚や満腹感が戻らない他、独特のルールとこだわりが捨てられません。
常に後ろめたく、監視されていたり責められていたりするような気持ちでいます。
大学生という一番楽しい時期をごく普通に満喫している周りの友人達が羨ましく、ひたすら焦りを感じます。
—– 摂食障害になったきっかけ、経緯を教えてください。 —–
去年の夏頃、朝はフルーツだけというフルモニを始めてからだんだんと食事制限や運動量が増加し、どんどんドツボにはまっていきました。
—– 自分の症状を理解してくれる人はいますか? —–
父、母、妹、恋人
—– 家族との関係性を教えてください。 —–
両親と妹との四人で実家暮らしです。
母とはかなりべったりです。
父には部分的にやや嫌悪感もありつつも、支えてくれる愛情は感じるし、わたしも本当は父を大好きだと思います。
妹とは二歳差で、タイプが全く違うのでいい意味で距離感があり、仲はかなりいい方です。
—– あなたの食生活を教えて下さい —–
体重を戻したいので、1日3食+3回の間食で、3000カロリー以上摂取を目指しています。

朝:サラダ、卵、お肉中心のおかず、ごはん
おやつ1:ヨーグルトやフルーツなど、ちょっと健康的なもの
昼:外でがっつりめのランチ、主食は麺類やパン系などを積極的に摂ってみる
おやつ2:ケーキやアイスなど、なんでも好きなもの
夜:サラダ、お魚中心のおかず、お味噌汁、ごはん
おやつ3:ホットヨーグルトにミューズリーなど、おなかに良さそうなもの

食べ順にひたすらこだわり、ベジファーストがやめられません…。
おやつが怖いことがよくあります。
—– 過食嘔吐の頻度は? —–
なし
—– 過食時の食べ物の種類と量はどのくらいですか? —–
なし
—– 初対面の人と食事はできますか? —–
多分。緊張はしますが…
—– 好きな食べ物は何ですか? —–
噛みごたえのあるもの
魚のお煮付け
なんこつ系
鶏肉
アイス
パフェ
お漬物
—– 嫌いな食べ物は何ですか? —–
やわらかくて頼りないもの
—– 生理は止まった事ありますか? —–
ずっと止まっています
—– 生理は来て欲しいですか? —–
分からない
—– ドラッグはしますか?またどのくらいの量を摂取しますか? —–
なし
—– どんな仕事をしてますか? —–
大学生
—– 職場(学校)での人間関係はどうですか? —–
病状が悪化してからは通学できていませんが、普通に通っていた頃の交友関係は広く浅くでした。
基本的に一匹狼です。
—– 病院やカウンセリングには通っていますか? —–
はい
—– 処方された薬は飲んでいますか? —–
漢方薬、胃腸薬
—– 時間に縛られてますか? —–
07:30朝食
10:30間食
13:00昼食
15:30間食
17:30夕食
19:00間食

お昼までは縛られる感覚はそこまできつくないです。できればこの時間…というくらい。
夕飯+間食を絶対に八時までに終えたい気持ちがめちゃくちゃ強いです。
—– あなたにとって「完治」「克服」とはどういう状態ですか? —–
食べ物へのobsessionがなく、食事やその間の交流を純粋に、のびのび楽しめる。
食べ物や体系に振り回されず、生活を目一杯楽しめる。
—– 摂食障害を治したいと思いますか? —–
治したい。
—– 自分の摂食障害が治るにはどうすればいいと思いますか? —–
正直まだわからないけど、とにかく今は自分を信じてひたすら食べる!
—– 治す為にどんな事をしていますか? —–
通院、行動療法、気持ちの記録、いろんな儀式
—– 摂食障害が治ったら何がしたいですか? —–
家族旅行、お泊りデート、モデル活動再開
—– 自分の性格はどんな性格ですか? —–
マイペース、プライドが高い、こだわりが強い
—– 自分の性格でコンプレックスはどこですか? —–
変に自分を責めがちなところ
—– 自分の体でコンプレックスはどこですか? —–
ふくらはぎがパンパンなところ
—– 摂食障害以外の悩みはありますか? —–
家族がギスギスしている
—– 趣味や熱中できる事、没頭できる事を教えて下さい。 —–
読書、おしゃれ、街をぶらぶらすること
—– ちょっと自慢できることは何ですか? —–
病気になる前はちょっとかわいかったです。
—– なぜアンケートを書こうと思いましたか? —–
気持ちを共有できる仲間が欲しくて。
みなさんの輪の中に入りたくて。
—– このアンケート項目への要望 —–
特に無し
—– 今どんな機器をお使いですか? —–
パソコン、スマートフォン
—– 私たちが運営している摂食障害専門SNSコミュニティ「Eating Disorder」を知っていますか? —–
知ってる。参加したい。
—– 蘭や旦那に聞きたいことがあれば書いてください。 —–
回復において一番大事だったことはなんですか?
—– blog,mixi,facebook.twitterなど発信してるメディアがあればリンクを貼ってください。 —–
なし
—– アンケートを送信する日付を書いて下さい。 —–
2015年9月17日
—– このアンケートをシェア(公開)していいですか? —–
公開してもOK!
—– 書き残したいことを書いてください(自由文章) —–
回復途中で行き詰まって、もう一人じゃ頑張れないって思いました。蘭さんをはじめとした皆さんと一緒に歩かせてください。よろしくお願いします!

最後に

  • 私も相談したい・質問したいという方はコチラから。
  • 他の質問を回答してる動画を見たい方はコチラへ。


LINE@(@gcj8867p をID検索)

関連記事

初めての方へ

はじめまして。蘭と言います。

1983年生まれ、現在は旦那さんと娘と息子の4人家族で神戸に住んでいます。

その前までは、5年の過食嘔吐、嘔吐を辞めて完治するまで9年。全部で14年かけて摂食障害を克服しました。

おこがましいですが、その経験を活かし、渦中にいる方のお手伝いを旦那さんと2人でしています。

お手伝いと言っても、専門家や医師ではないので、カウンセリングや、診察など出来ませんが、その他の方法でいろいろやっています。つづきを読む。


最近のコメント欄