摂食障害と蘭 Eating Disorder Ran

[摂食障害SNS]「虫歯」とは酸で溶けた歯のことをいう

摂食障害専門SNS「Eating Disorder」で投稿されたろるさんの文章を転載します。

「虫歯」とは酸で溶けた歯のことをいう

よく、子ども用絵本やテレビで描かれる虫歯のイメージイラストは歯の上に槍を持った悪魔がのっていて、その槍で突っついたところが黒くなった歯を虫歯としている。

おそらく、これは子どもに分かりやすいように。歯磨きするときにバイ菌をやっつけるぞ!とイメージしやすいように工夫されたもので、虫歯を顕微鏡でみても槍をもってせっせと働く悪魔の姿を見ることはできない。

では、なにが虫歯を作るのか。それは口の中にいる菌が、栄養である糖を分解するときに発生する酸が歯を溶かすことにある。

虫歯菌は糖を分解、酸を出し、歯を溶かす。溶かせば溶かすほど歯の中で守られていた神経は刺激にさらされるようになり、凍みたり、腫れたりしてしまう。

酸の強さはph値で比べることができる。7が中性で、数字が小さくなるほど強酸。数字が7より大きくなるとアルカリ性。

ph値が5.5を下回ると歯の表面が溶け始める。食後の糖でいっぱいの口の中は最大ph4近くになる。その値を上げて酸を弱めるために良く噛んで唾液を出したり、キシリトールガムで対策したりする。

私が何をいいたいのかって。

胃酸のph値は1から1.5。嘔吐するってことはそれを口の中にぶちまけるってこと。糖の分解だのなんだのすっ飛ばしてダイレクトアタックだってことさ。

まだ、歯が大丈夫な摂食障害の方の歯を、なんとか守れないもんかね、
 

最後に

  • 摂食専門SNS「Eating Disorder」に興味ある方はコチラ
  • そんなSNSメンバーに質問・相談する「即席お悩み相談室」というのがあります。コチラから。
  • 過去に相談した即席お悩み相談室の相談と回答を見たい方はコチラ。(時系列順)

コメント

コメントをお待ちしております

初めての方へ

はじめまして。蘭と言います。1983年生まれ、現在は旦那さんと娘と息子の4人家族で神戸に住んでいます。その前までは、5年の過食嘔吐、嘔吐を辞めて完治するまで9年。全部で14年かけて摂食障害を克服しました。このサイトでは、皆の摂食障害体験を共有するアンケート、摂食障害経験者によるコラム、自由に書き込める摂食障害のための掲示板を管理しています。