摂食障害と蘭 Eating Disorder Ran

[摂食障害心の気づき]すぐイライラする人とすぐ怒らない人の違い

すぐイライラ怒ってしまうのは何が原因なのか、なんでなのか、いろいろ掘り下げてお話しました。

文字起こし

(文字起こしはのりぴよさんによってまとめられました。)

(蘭)今日は蘭ちゃんがちょっとあのー…まあしょうもない話をしたいと思いますけど。

(旦那)はい。ちょっと蘭ちゃんカメラここに持ってきて。俺と蘭ちゃんの間くらいに。

(蘭)なんかあのー、テレビでな、まあ女優さんが対談してて。

(旦那)はい

(蘭)すごいおっとりしてる人と、けっこうカッカしやすい人がおったわけよ。二人の女優さんが。

(旦那)はい

(蘭)で、そのカッカしやすい人が、「あなたはいつも怒らないから良いわよね」みたいな感じで言ってたんや。

(旦那)はあはあ

(蘭)なにが良いかって言ったら、「羨ましい」っていうことやな。その怒らない性格が。「私はもう年中カッカカッカ、キレてるから、自分の事が自分で嫌になる時がある」って。

(旦那)なるほど

(蘭)で、「どうしたらそんな怒らないようになれるの?」みたいな。ってその人に質問したら、その人が「いや怒るよ」って。怒んねんけど、まあその、「あなたよりは怒らないと思うけど、怒るときはあるんだけど、もういっかって思う」ねんて。「もういいじゃない」みたいな。

(旦那)はい

(蘭)で、蘭ちゃんそこで、「あ、この人はゆうきに似てるな」と思ったわけ。この人の性質?だから、その時蘭ちゃんが思ったのが、怒らない人の性質は2種類あって。「もういっかあ」って開き直るっていうか、もう面倒くさいっていうか、考えるのが嫌になるっていう。「もうそんなことより楽しい事考えようよ」っていう人と、もう1つは蘭ちゃんのお母さんがそうやねんけど、「死ぬわけじゃないやん」っていう。「なんでそんなイライラすんの?」みたいな。なんかあのー…そんなちっちゃい事で。っていう…なんか達観してる感じ?

(旦那)ははははは

(蘭)が、2種類おるなあ、って思ったわけ。蘭ちゃんは。

(旦那)はい。

(蘭)で…お母さんとかっていうのは、多分、めっちゃ色々経験してきて、苦労して、こういろんな事があって乗り越えたうえでそうなったっていう…まあもともとの性格もあるんかも知れへんけど、それも加えてそうなったと思うねん。で、ゆうきの場合は、別にまだ30年そこらしか生きてないやん?

(旦那)ハハハ。

(蘭)で、その女優さんは、結構年いってんねんけど、なんかどっちかと言うと、「怒るのってカッコ悪いよね」って思ってる人やと思うねん。

(旦那)ああ、なるほど。

(蘭)ゆうきとかは、どっちかというと。「もうええやん」みたいなのがカッコイイよねみたいな感じ。カッコイイかカッコ悪いかで選んでるような気がするねんな。

(旦那)あ~、そうなんちゃう?

(蘭)でも、蘭ちゃんのお母さんとかみたいな人らやったら、そういうのじゃなくて、ほんまに、なんか…達観してる感じがするねん。お母さんを上に上げてるっていうわけではないねんけど。

(旦那)まあそう見えるってことやね。

(蘭)うーん、なんか…。で、蘭ちゃんはどちらかというとカッカする方やねん。年中キレてる人やねんけど。

(旦那)キレてんなあ。なんでなん?逆に聞くけど。なんでそんなキレんの?

(蘭)どうでも良くないからやろなあ。その、「どうでも良いやん」って思われへんねんな。ゆうきみたいに。なんて言うんかな?なんか物があったとして、こう子供がワーって壊そうとするやん?

(旦那)はい

(蘭)それを蘭ちゃんやったら「やめなさい」って言うやん?

(旦那)うん

(蘭)でもゆうきは「ええやん、また買ったら」…「その”また買ったら”っていうそのお金はどうすんねん!」ってなんねん、蘭ちゃんは。「勿体無いやん!」って。そんなことより1個のものを大事にするっていう、大切さを教えなあかんやろって思うわけよ。そこにいっぱい理由があんねん。

(旦那)はいはい。

(蘭)でもゆうきはもう「買ったらええやん」「買えるやん、ヤッホー」みたいな。そっちやんか?どっちかというと「ヤッホー」やん?(笑)

(旦那)とくにiPadとか潰れたら「うっしゃ!最新買える!」みたいな(笑)

(蘭)だからそれをそのまま子供にも言ってるわけ。ゆうきは。「そんなカリカリしてそのストレスをお金で買ったらええやん」みたいな、そっちやん、ゆうきは、どっちかと言うと。

(旦那)はははは(笑)蘭さん、言い方悪くないそれ?悪意あるよね。(笑)

(蘭)いや、そうやん!なんて言うんかな?クーラー。蘭ちゃんが一番例えでわかりやすいと思ったんが、ゆうきが「クーラー付けへん人おるよな」みたいな、勿体無いみたいな、我慢大会みたいな。「そんなんストレスするより、つけてそのストレスが無くなった方がなんぼか安いやん」みたいな。…事を言ってたやん?

(旦那)あ~、はいはい。

(蘭)それは蘭ちゃんシックリきたわけ。

(旦那)なんやそれ(笑)

(蘭)「あー、それはあるよね」って。

(旦那)死んだ人おるもんなあ。それで。

(蘭)うん。だから、まあ…そういう良い事もあんねんけど、ゆうきの考えで。でも、なんか「勿体無いなあ」って思う時もあるわけ。

(旦那)うん

(蘭)だからその、「勿体無いなあ」の怒りがくるわけな、蘭ちゃん。と、あと、自分の思い通りにならへん時、イライラする。

(旦那)それちゃうん?ほとんどそうやん。

(蘭)ほとんどそっから来んねんけど。だから…じゃあその観点で言って、そのゆうきは自分の思い通りにならない時にもイライラせえへんのはなんでなん?

(旦那)あ~…いや、イライラはするけど、避けられへんから。それって。例えば子供とかやったら、やっぱ子供ペースになるから、どうしても。それを大人ペースに合わせようとすれば怒るわけやん?イライラするわけやん?

(蘭)いや、じゃあこれ子供抜きで考えて?子供が居ない時に、自分の思い通りにならん時ってどう思う?どうして対処する?

(旦那)結局一緒やから、それも。

(蘭)うん。

(旦那)あのー、結局、自分のペースに全部合わせる事って不可能やし、それをやってると孤立してしまうから、あんまいい方向にはいかんワケやん?

(蘭)じゃあさ、あのー…そのどうにかならへんっていうのって、あの、2種類あって、これも。あのー…自分が力不足で思い通りにならない事と、あきらかに人が悪くて自分の思い通りに行かない時ってあるやん?

(旦那)うん。

(蘭)そのときの怒りの種類って一緒なん?

(旦那)いや同じじゃないけど、イライラする分には一緒やん?

(蘭)でもゆうきって人のせいにせえへんよな?蘭ちゃんが失敗しても怒らへんよなあと思って。だから、蘭ちゃんもできるだけゆうきが何かあった時に「ゆうきのせいやんけ!」とかは言わんようにしてんねん。蘭ちゃんは。自分が言われへんから。

(旦那)うーん…せえへんなあ、もともと。

(蘭)そう、だからゆうきがそういう人やから、蘭ちゃんも。もともと蘭ちゃんは責めるタイプやねん。「あんたが悪いんやんけ」みたいな感じで(笑)

(旦那)けど、俺はそっちの方が良いと思う。

(蘭)あ、でも、ゆうきは蘭ちゃんにせえへんから、蘭ちゃんもゆうきにやらんようにはしてんねん。

(旦那)あー、まあ性分やからなあ。

(蘭)ほんまはしたいねんけど。心の中では抹殺してんねんけど、ゆうきのことを(笑)

(旦那)いやだから、性分やから、そのへんは性格やろ?

(蘭)いや、あれはでも、とっさの時でもそういう事が出来るっていうのはスゴイなあと思うわけよ。

(旦那)カッコイイ、カッコ悪いで言ったらそら俺の方がカッコイイと思うけど、やり方的には。ただ、それでストレス発散できるし、何を思ってるかっていうのを表現できてるから、人間味が出来るわけやん?そこで。

(蘭)いや、人間味は出てくんねんけど…海外ドラマでもよくあるやん?

(旦那)ああ。大体まあ、だからな、一周回れば心を開いてるってことやから、それって。蘭ちゃんの場合は。

(蘭)あ~、そうなん?ゆうきは心が開いてないがためにそういう感情になるわけ?

(旦那)あ~…心開きやすい人なんやろ?怒る人ってのは、恐らく。良い意味で言えばな。めっちゃフォローして言えばな。だからまあ、悪くはないと思うで?決して。

(蘭)ふーん

(旦那)いや、無理矢理褒めたらね。

(蘭)(笑)でもさ、端から見たら見苦しいやん?蘭ちゃんのタイプって。その、人のせいにするとかって。

(旦那)うん、まあそうやなあ。

(蘭)なんか…

(旦那)だから、カッコ悪い面ではカッコ悪いで?

(蘭)だから、そこでゆうきはイライラしないっていうのはカッコ悪いからっていう風に判断をして…

(旦那)か、心を開かれへんからちゃう?そんなん。そこで。感情出さないだけなんちゃう?てかあんま興味ないねん、そこに。

(蘭)いやだから、2種類あるなーと思って。だから、そういうことなんや。

(旦那)上手くいかんしな。エネルギー使いたくないねん、そんなところで。面倒くさいし。あと、柔軟に…適応する意識はしてる。

(蘭)うん。それはあるね。あると思うわ。

(旦那)これは、あの、そっちのが上手くいくからで、流れに任せるというか…えーとな、なんか、「こうや」っていう計画立ててやるんじゃなくて、その場の右左、その周囲の環境に適応するっていう。柔軟に適応するっていう意識は常に持ってる。それは短い範囲でも、大きい範囲でも。長期的な範囲でも。

(蘭)だからあなたは、訓練をしてるってことやね?

(旦那)そっちのが、結構楽に生きれるしね。上手いこといくから。

(蘭)うん

(旦那)やし、多分当たってると思うしな。それが。だから例えば、あのー…人間観察をしないとかな。

(蘭)あ~。

(旦那)例えば外歩いとっても、人を見ないし、まわりが何をやってるとか見ない。いちいち。

(蘭)うん

(旦那)気になんねんけど、見ない。

(蘭)いや結構見てんで、ゆうき。

(旦那)だから見てんねん。だから、俺はそういう…なんて言うん?洞察力があるから…

(蘭)ちゃう、見てんねんけど、かなり見てんねんけど、見てないフリをしてるだけやと思うで?蘭ちゃん。

(旦那)だから洞察力がもともとある人とない人がおんねん。で、ない人ってのが個性的やねん。ある人ってのは同調派やねん。要するに。人、まわりを見てるから。友達にも、知り合いとかでも、その行動を見るから、気になって、基準がそこでできるし、比較ができるわけやから、自分の行動をそれで決定してしまうねんな。意味分かる?

(蘭)分かるよ。だから見てない人は…

(旦那)蘭ちゃんとかって周りをみないから。あ、見るかもしれんけど…まあある意味見いへん人がおんねん。見いへん人は、比較が出来ないから、まわりから見たら、個性的な動きをしてる風に見られるわけ。

(蘭)はははは(笑)蘭ちゃんそれじゃないで、ハッキリ言って。

(旦那)だから、でも、そっちのほうが…なんて言うんかな?自分ペースになりやすいし、楽やと思うし、上手くいくと思うねんな。同調する必要もないし。同調グセが無くなるやんな。まあ、よりけりやけど、俺はもともとその、洞察力派やから、そっち寄りに行き過ぎるから、だから意識して見いへんようにして…

(蘭)反対側行こうとしてんの?

(旦那)いや、自分で考えて、反対側っていうか、そのー…

(蘭)オリジナルになろうとしてんの?

(旦那)そうそうそう、そういう事。そういう事。

(蘭)そういう事ですか。

(旦那)で、それを、無理矢理繋げたら、まわりを見てるからキレやすいねん。っていう。

(蘭)蘭ちゃんが?

(旦那)そうちゃうかなあ?と思うで。干渉しすぎてるからキレやすいんちゃう?

(蘭)いや、違うねん。こう、「自分」やねん。多分、蘭ちゃんは。自分の思い通りにならん。それだけのもんやと思うで。自分の思い通りに子供を動かしたいし…全部自分やと思う。

(旦那)まあそれやろな(笑)

(蘭)範囲が狭いんやと思う。見てる範囲が。

(旦那)だから、あのー…DV気質やねん。それは。

(蘭)でた(笑)めっちゃ丁寧にドメスティック・バイオレンスの説明を朝から受けたけど。

(旦那)あれってな、だから旦那が嫁に対した暴力じゃないからね。関係ないからね。

(蘭)え、そうや。

(旦那)うちの中で起こる攻撃やから。

(蘭)いったん消しまーす。

 

文字起こしライター

noripiyo

ペンネーム:のりぴよ
年齢:1989年生まれ
性別:女
好きなもの:鳥

高校の時に始めたダイエットがキッカケで拒食になり、その後→過食→過食嘔吐まで経験しました。摂食障害を抱えてた数年間はたくさん葛藤したり一喜一憂したりと色々と経験しましたが、そのいろんな経験という人生のパズルを積み重ねていくうちに、だんだん「摂食の症状に頼ろう」っていう気持ちが無くなって、24歳の頃にきっぱり摂食さんを手放しました\(^o^)/そんなかんじで一応、克服した人っていう設定です(笑)詳細はコチラ

最後に

他の心の気づき動画はコチラから。
自分の中での気づきがある場合は匿名掲示板で書き込めます。

初めての方へ

はじめまして。蘭と言います。1983年生まれ、現在は旦那さんと娘と息子の4人家族で神戸に住んでいます。その前までは、5年の過食嘔吐、嘔吐を辞めて完治するまで9年。全部で14年かけて摂食障害を克服しました。このサイトでは、皆の摂食障害体験を共有するアンケート、摂食障害経験者によるコラム、自由に書き込める摂食障害のための掲示板を管理しています。