摂食障害と蘭 Eating Disorder Ran

[摂食専門SNS]摂食障害はわたしが生きて歩くための杖

摂食障害専門SNS「Eating Disorder」で投稿されたきぴさんの文章を転載します。

摂食障害はわたしが生きて歩くための杖

摂食障害はわたしを苦しめたし、不健康で歪んだ観念こそあった。けれど、それは自己否定感が強くて、ただでさえ不器用なわたしが生き抜くための手段だった。わたしは摂食障害をフル活用していたと思う。そしてそれはやはりデメリットばかりではなかったんだ。

娘として家の中で生き抜くための摂食障害から始まり、それは集団で過ごす学生時代をより良く過ごすための摂食障害にもなり、女として男に好かれるための摂食障害であり、社会人としてやっとこ切り抜けるための摂食障害であり、そしてわたしがわたしとして生きるための摂食障害になっていた。「摂食障害って超辛いし、わたしって摂食障害なの!!」って思ってても、治そうなんて思ったことはなかった。わたしの人生における摂食障害は、わたしのためにマルチに色んなことを担ってくれていた。

摂食障害はわたしを両親から庇い、遠ざけてくれた。これが一番大きい理由だったのかもしれない。家の中では摂食障害でいたほうが楽チンだった。両親は異常な目でわたしを見たけれど、お金をもらえた。すっごく気まぐれだったけど母さんはときたま私に優しくしてくれたし、父親の人は話しかけてこなくなった。イケてる彼氏もできたし(これは奇跡だろう)、職場では親切にしてもらえたし、具合が悪けりゃ休んだり早退した。わたしは痩せていることにプライドを保ち、自分が生きる意味をなんとか感じることができたからやっていけたのだ(当時はこの超低レベルなプライドにほとほと嫌気こそ差していたが、それさえもなかったら私はとっくに廃人だっただろう)。

痩せているから彼氏の前で裸にもなれたし、大胆な行動も取れた。痩せていることで優位な気分に浸り(勝手にw)、他人と堂々とコミュニケーションも取れた。痩せているからできたナルシシズムな痛い行動や発言、痩せていることによって後押しされた勇気さえあった。痩せていることによって確立できた私の悲しいアイデンティティー。いや、これって悲しいんだろうか?もはやこれで良かったんではないだろうか?いや、たぶんこれしかなかったんじゃないか、とさえ感じる。そうするしかなかった、そうとしかできなかったこのわたし。この摂食障害がわたしを動かし、作り、生かしていた。摂食障害はわたしが生きて歩くための杖だったのだ。

そしてわたしはいつのまにか適正体重になり、前より自分が好きになり、何より年齢がわたしを現実に引き戻す。

わたしはもう杖がいらないんじゃないかって、時々思う。杖にたくさんの感謝を言って、本当は杖を手放したいのだ。でも杖を何度捨てても、杖はわたしの手元に戻ってくる。

今は杖をついている自分も、杖をつかなくてもいい自分もどっちもいて、どちらの自分にも戸惑い、ちょっと取り乱してしまう。おかしなことに未だ杖をついている自分にはやく「サヨナラ!」を言いたい回復を願う自分が「あなたは今のままではいけないのです!!」とわたしを脅してくる。「杖にもっともっと感謝して、その杖をつきながら前に進めばいいさ」と言ってくれる大らかな愛のある自分が「あなたは今のままでいいんだよ」と背中をさすってくれる。
かつてはすんげー敵だぜ!超憎いぜ!と思っていた摂食障害というこの杖が、今はわたしに寄り添ってくれているような、そんな不思議。が、ある。

たいしたオチがなくてすみません・・・(ちょっと調子が悪いのでことばにしてみた)。蘭さんの動画を何回も見て、焦らないようにしていまーす!

執筆者

1

きぴ、女です。

摂食障害という「魔法の杖」をつきながら、18年が経ちました。10代から摂食障害になり、自己否定感と、劣等感と、それはそれは妙な自信とで生きていました。醜態恐怖症と薬物依存症もありましたが、日々、孤独に内省することで自ら克服しました。自己否定感と劣等感にも以前よりは苛まれなくなり、現在は随分生きやすくなりました。

どちらかというと孤独をすごく愛していますが、そう格好つけて言えるのは自分は孤独ではないからです。ここで、みなさんに出会えたのは摂食障害になったおかげだと思ってます。みなさんには本当に感謝しています。橋と地図と犬とひたすら何かを考えることが好きです。詳細はコチラ

最後に

  • 摂食専門SNS「Eating Disorder」に興味ある方はコチラ
  • そんなSNSメンバーに質問・相談する「即席お悩み相談室」というのがあります。コチラから。
  • 過去に相談した即席お悩み相談室の相談と回答を見たい方はコチラ。(時系列順)


LINE@(@gcj8867p をID検索)

関連記事

コメント

コメントをお待ちしております

初めての方へ

はじめまして。蘭と言います。

1983年生まれ、現在は旦那さんと娘と息子の4人家族で神戸に住んでいます。

その前までは、5年の過食嘔吐、嘔吐を辞めて完治するまで9年。全部で14年かけて摂食障害を克服しました。

おこがましいですが、その経験を活かし、渦中にいる方のお手伝いを旦那さんと2人でしています。

お手伝いと言っても、専門家や医師ではないので、カウンセリングや、診察など出来ませんが、その他の方法でいろいろやっています。つづきを読む。


摂食障害専門SNS「Eating Disorder」

摂食障害専門のSNSを運営しています。匿名、無料、完全クローズドなネットコミュニティです。中の様子がどんな感じか蘭と旦那の投稿記事だけ下から見れるようにしています。(他の方のは見れません。)参加には条件がありますので、興味ある方はコチラをお読みください。

最近のコメント欄