摂食障害と蘭 Eating Disorder Ran

[摂食障害と対人関係療法]第13回 中期から後期へ

「摂食障害と対人関係療法」というテーマでかきのすけさんに連載コラムを書いていただいてます。連載の一覧はコチラ

第13回 中期から後期へ

前回のような内容を中期はずっと繰り返していた。回数にすれば、だいたい4回ほど。与えられた課題を見つめ、辛い時は蘭ちゃんのサイトや「三田こころのクリニック」のブログを見て元気をもらい、家族や彼氏を頼った。今までの私には考えられない事だった。でも、身近な人に頼ることができるようになる事も治療なんだ、と言い聞かせ、素直に頼る、という事もしていた。

中期では特に「伝え方」にとても重点が置かれていたように思う。自分が辛い時、相手にイラッとした時、どうやって私が伝えるか?どうやって伝えれば自分の素直な気持ちを伝える事ができて、相手にも不快感を与えなくてすむか?私が期待していた言葉を返してもらえるには、どんな伝え方がいいか?、などなど話をする内容、どういう言葉で伝えるか、また日にちや時間帯までカウンセラーと相談していた。

こうして中期を終え、後期に入った時に、カウンセラーから新たに課題をもらった。それは、

良くなったこと。

良くなったかどうかは、わからないが以前と比べて変化したこと。

今後の課題と目標(まだまだ心配なこと)。
←「〇〇が出来ていない」ではなく、「〇〇になるために、△△していこうと思う」という期待と行動で書く。

の3点を記入し、両親から見た、上記3点も自分の感想と併記しておく。というものだった。

正直、え?もう後期なの??って思った。毎日、日々の事で必死だったし、まだ全く症状減ってないし(*◊*;)

急に、また不安になり始めた。本当に私良くなるのかな。。良くなっていってるのかな。。

すると、あれよあれよという間に、すぐ症状の毎日。もー嫌!!・”(>0<)”・

イライラしながら、でも落ち着いた時に「三田こころのクリニック」のブログ(先生が摂食障害のいろんな事について書いてる)を見ながら、落ち着け、落ち着けと。

彼氏にも、何度も「私良くなってるの??」と聞く日々。彼氏は落ち着いて、「前と比べて、自分の気持ち色々言えるようになってきたやん」とか「両親といて安心感を感じる日も増えてきたでしょ?」とか色々言ってもらって、やっとあぁ、そっか。って思えるようになってきた。

三田こころのクリニックのブログにも、治療の後期には、不安が大きくなって症状出まくる人が多いって書いてたし。。
ここは、症状はさておき、課題やな。。

自分で気づいた事をメモに書き始めた。
そうしてみると、以外に変化した事はいっぱいある事に気づいた。

連載の一覧はコチラ

執筆者

dancer

名前:かきのすけ

はじめまして。10代の頃からダイエットをきっかけに、過食、過食嘔吐になり35歳で、今も治療を続けています。私は対人関係療法という期間限定の治療を受けました。過食嘔吐自体はなくなっていませんが、心持ちの変化は沢山ありました。個人的に学んだ事や心の変化を書いていきたいと思います。宜しくお願いします(^-^)詳細はコチラ

コメント

コメントを匿名で書き込むことができます。

  • コメントする場合は下からお願いします。
  • 名前、アドレス、URLは記入しなくてもコメントできます。
  • 荒らし・誹謗中傷を防ぐため承認後の反映にしています。

コメント

コメントをお待ちしております

初めての方へ

はじめまして。蘭と言います。1983年生まれ、現在は旦那さんと娘と息子の4人家族で神戸に住んでいます。その前までは、5年の過食嘔吐、嘔吐を辞めて完治するまで9年。全部で14年かけて摂食障害を克服しました。このサイトでは、皆の摂食障害体験を共有するアンケート、摂食障害経験者によるコラム、自由に書き込める摂食障害のための掲示板を管理しています。