摂食障害と蘭 Eating Disorder Ran

[蘭に質問・動画で回答]9ヶ月の子供がいる専業主婦ですが過食嘔吐が辞めれません。

質問を動画で回答しています。今回も答えさせて頂きました。(質問・相談は随時募集中

相談者:まどーまさん

いつも心の支えとして蘭さんの動画を拝見させてもらってます。
27歳の女性です。
結婚して1年と半年、昨年の12月には長女を出産しました。
20代前半から拒食から過食嘔吐になり入院歴も2回あります。今は体型は156センチ50キロほどで決して痩せてる体型ではありません。
主婦業と子育ての毎日ですが、ここ最近は過食嘔吐がひどくなってきてしまいました。
しかも、前までは全部吐けていたのに、最近は全部吐くことが出来ずただただ体力が消耗してしまいます。
子供も9ヶ月になり、合間を見計らって過食嘔吐を吐けもしないのにしてしまう自分が大嫌いです。食べるものにもこだわりがあり炭水化物を食べるのに抵抗があります。完全母乳で子供を育てている為お腹が減るので食べるのは食べるのですが、偏食がひどいです。
子育てに集中した毎日で過食嘔吐をして顔は浮腫むし吐けないので太った自分が醜く、友達と会ったりするのも抵抗があり母親になったのに情けなくて仕方ありません。妊娠して過食嘔吐もしなくなるだろう。治るだろう。と思ってたのに治りませんでした。母親になるのだから過食嘔吐なんて止めなければと思ったのですが、やってしまいます。
子供の将来の為にも治したいのですが何か克服方法はあるでしょうか?
こんなこと質問してしまい申し訳ありません。

回答は動画で。

文字起こし

(文字起こしはのりぴよさんにまとめてもらっています。)

(旦那)どうも、こんばんわ。

(蘭)こんばんわ~

(旦那)蘭ちゃんの質問コーナーです。

(蘭)はい。

(旦那)ちょっと長いですけども。まどーまさん。
『いつも心の支えとして蘭さんの動画を拝見させてもらってます。
27歳の女性です。
結婚して1年と半年、昨年の12月には長女を出産しました。
20代前半から拒食から過食嘔吐になり入院歴も2回あります。今は体型は156センチ50キロほどで決して痩せてる体型ではありません。
主婦業と子育ての毎日ですが、ここ最近は過食嘔吐がひどくなってきてしまいました。
しかも、前までは全部吐けていたのに、最近は全部吐くことが出来ずただただ体力が消耗してしまいます。
子供も9ヶ月になり、合間を見計らって過食嘔吐を吐けもしないのにしてしまう自分が大嫌いです。食べるものにもこだわりがあり炭水化物を食べるのに抵抗があります。完全母乳で子供を育てている為お腹が減るので食べるのは食べるのですが、偏食がひどいです。
子育てに集中した毎日で過食嘔吐をして顔は浮腫むし吐けないので太った自分が醜く、友達と会ったりするのも抵抗があり母親になったのに情けなくて仕方ありません。妊娠して過食嘔吐もしなくなるだろう。治るだろう。と思ってたのに治りませんでした。母親になるのだから過食嘔吐なんて止めなければと思ったのですが、やってしまいます。
子供の将来の為にも治したいのですが何か克服方法はあるでしょうか?
こんなこと質問してしまい申し訳ありません。』

以上です。

まあ、要約すると、9ヶ月の子供がおって、専業主婦として子育てしてるけど、過食嘔吐を合間にしてしまう。それを子供の将来のためにも治したいということです。

どうですか?

(蘭)蘭ちゃんやったらどうするかなあ~。子供がおってもしてしまう状況になったら、もしかしたら、最終的に、子供を保育所に預けて働くかもしれへん。

(旦那)なんで?

(蘭)要するに、気晴らしが欲しいねん。気晴らしっていうか、吐けない状態を作らなあかんって思うから。その、やっぱ家におるから出来るわけやん、それって。

(旦那)うん。

(蘭)で、子供しか見てる人いないし。

(旦那)うん。

(蘭)だから過食嘔吐が出来るワケやろ?

(旦那)うん、まあね。

(蘭)てことは、もう自分の環境を変えなあかんって思うから。もう最後の手段として、自分が動かな。動くっていうか自分で、あのー、そういう仕事とかに就いたら、みんなの目もあるし出来ひんやん。っていうことで、自分やったら働くかもしれへん。まあ、確かに子育てには影響は出るんかもしれへんけど、働くことで。でも、その今の状況と比べたら、もしかしたらそっちのほうが摂食障害も治せるかもしれへんし、いいかもしれん。

(旦那)うん。

(蘭)と思って働くかもしれん。

(旦那)まあ恐らく…まず、あのー、結婚して子供産んでるんであれば、旦那さんに相談をするのが一番で。で、実際その過食嘔吐してる姿とか、しに行ったりするのは、9ヶ月とかやったらまず理解ができへんし。なんやろな?まあなんせ、子供には悪影響やと思ってるわけやん?

(蘭)やし、実際蘭ちゃんもしな、そういう状態やったとするやん?ほな子供にめっちゃ当たると思うねん。

(旦那)あ~、分かる分かる。

(蘭)うるさかったりしたら、トイレで吐いてる時とかに、ワーワーワーワー、トイレの外で泣かれたりしたら腹が立つやん?やっぱり。

(旦那)それは言ってた。やっぱSNSの中とかにも居るから。そういう人が言ってたけど、もう子供より嘔吐優先やから、トイレの外で泣いとっても扉開けへんって。

(蘭)そうそうそう。開けへん。終わるまでやんねんけど、出来ることなら、泣いてほしくないし、寝てる間にやりたいねんけど。そんな自分の思い通りにならへんやん子供って。

(旦那)ならん。

(蘭)だから、腹が立ってくんねん。で、自己嫌悪になったりしたりするやんか。

(旦那)かなり悪循環になるなあ。

(蘭)やし、子供がもっと大きくなってきたら、入ってくる。

(旦那)入ってくるし、何してんの?って聞いてくるからな。

(蘭)ドンドンドンドン!とか。

(旦那)理解しだすから、で、モノマネもしてくるから。結構焦るし。で、例えばモノマネとかするとするやん?ほんなら激怒するからね、恐らく。母親は。そんなんしたらあかん!って。それもおかしな話やからな。

(蘭)だからそんなあの、上手いことできひんようになってくるわけよ。

(旦那)なってくんねんけど、恐らく悪知恵がつくというか…蘭ちゃんもそうやけど、そういう手に関しては上手いことすり抜ける方法を考えるワケよ。

(蘭)まあどうにかしてやろうと思ったら…

(旦那)必死になるわけやん、そこは。

(蘭)まあでも、そこで必死になって悪知恵を考えるか、もうやめようって思うか。だから蘭ちゃんが、たまにタバコ吸いたいなあって思うときあるとするやん?でも、それって別に悪知恵を働かせて吸おう思えば吸えるワケやん?子供が居ない時とかに。でもそれをするのか、全く吸わないのかって言ったら、やっぱり吸わない方を選ぶワケよ、蘭ちゃんは。

(旦那)うん

(蘭)なんでかって言うと、やっぱり結局しんどいから。悪知恵を働かせて吸ったとしても。

(旦那)だからデメリットを考えて、考えて、自分でストップさせてるってことやろ?

(蘭)結局吸わないのが一番。

(旦那)そん中にさ、俺の存在は大きい?

(蘭)いない

(旦那)ちょ(笑)

(蘭)自分と子供だけ。(笑)

(旦那)ああそうですか(笑)

(蘭)だから、過食嘔吐もそうやねん。旦那さんに相談したらエエやんって今言ったけど、蘭ちゃんうーんってなったのは、あんまり関係ないねん。旦那さんは。要するに自分と子供の問題やって思い込んでるから。

(旦那)でも、グチを吐ける場は、とりあえず作っといたほうがいいから。

(蘭)まあでも、またゆうきみたいなんやったら良いかもしれんけど、だいたいの男の人は、「え?」「は?」みたいな。「自分でどうにかしろや」みたいなぐらいの。「俺仕事してるし」みたいな。「そんあ贅沢な悩み」みたいなぐらい思ってる人が多いと思うねん。

(旦那)そういう風にあんまり興味無い人に関しては、もう、トレードオフというか交渉するしかない。その旦那さんにとってのメリットがあるはずやねん。例えばマッサージしてあげるとか。なんか、ハブラシを1ヶ月に1回変えてあげるとか、そういうメリットがあると思うねんな。メリットっていうか、旦那さんにとってもメリットがある。それと等価交換でグチを聞いてくれっていう感じで交渉するぐらいせんと聞いてくれへん。

(蘭)でも摂食障害は愚痴レベルじゃないから。

(旦那)まあだから、旦那さんはグチ相手だけでええねん。とりあえず自分の気持ちをバーって吐ける場の1つとして置いとくくらいで良いと思う。

(蘭)いや、多分旦那さんにとったら、子供がちっちゃい子がおって、そんなん子供どうなってるんやろう?っていう感じやん。俺がおらん間に昼間そんなことしとって、奥さんが。だから怒ると思うねん。

(旦那)多分怒ると思うねん。でもそれを、繰り返していって、家族会議を繰り返していってっていうのが一番理想的やねん。

(蘭)いや多分しんどいと思う。そこは乗り越えたくないと思うわ。

(旦那)しんどいけど…しんどいけど、それが基本的に良いやり方やと思うねんけど。

(蘭)それは繰り返して訓練していかなイキナリはしんどいと思うわ。

(旦那)もしそれが出来んとか、もう旦那さんが非協力的な場合とか、自分がそういう家族会議を繰り返してやるっていうのが鼻からやりたくないと思ってるんであれば、まあ。。。

(蘭)だから蘭ちゃんがさっき言った働くっていう手段か、そもそもなんで、妊娠してやめれると思ったのにやめれなかったのかっていう問題を徹底的に考える。なんで今こういうことしてんのかな?自分。っていうのを考えて、良く。で、解決法を考えていく。ただのクセになってるんかもしれんし、なんかもストレス発散になってるんかもしれんし、やっぱり太りたくないけど食べたいっていうのがあるんかもしれんし。なんで、今やってんのか?っていうのを考える。

(旦那)ほんでコレ多分、あのー、9ヶ月やったら楽勝で出来ると思うねん。自分の時間で。自分の都合で。まあこれがもうちょっと大きくなってきたら、結構出来んようになってくるねんけど、子供一人やったら恐らく出来る。で、ただ、それが小学校くらいになってきたら、違和感に気づいてくるから。

(蘭)いや、また出来んねん。小学校になったら小学校行ってる間にできるから。中途半端やねん。二歳とか三歳とか、一歳とかっていうのは。

(旦那)うん。だから、例えばやで、まあこれは無理かもしれへんけど、子供が三人おったら、一つ違いくらいで。多分できへん。

(蘭)でもおったけどな。今までも三人おる人とか。

(旦那)おった?あ、二人はおった!三人は…

(蘭)おった。それもそういう人らは、子供が寝てからやってるん。夜中。

(旦那)だから回数が減るねん。

(蘭)まあ減んねんけどやってるねん。一日一回は。

(旦那)減るし、時間が。三人おったら結構キツイと思うで、物理的に。まあそれは解決法としては微妙やけど。あのー、だから専業主婦はかなり余裕あるよね。確かに。

(蘭)それそんなん言ったらあれやで。バッシングくらうで。

(旦那)いやそうじゃなくて、家で時間コントロールが出来るっていう意味でな。

(蘭)うーん…

(旦那)だって例えば過食食材にしてもな、あの、ケーキを大量に作って食べてってやってる人もおった訳やん。それ専業主婦やから出来るし、旦那にバレにくい方法やん?

(蘭)まあお金もかからへんからな。

(旦那)かからへんやん。

(蘭)まあそらそうやねんけど。なんせ、自分で変われる自信がないんやったら、自分を変えざるを得ない環境に持っていくっていうのが蘭ちゃんは良いと思います。

(旦那)まあ環境変えるのがええねんけど、それなかなか難しいやん。ハッキリ言って。できる人はやればいいけど。

(蘭)うんまあね。いきなり保育園いって働くとかは無理やねんけど。

(旦那)例えば、旦那さんにしても、そういう矛盾で、嫁はんが、子供に激怒してるとか、自分を優先にして子供をほったらかしにしてると、そういう場面があると。っていうのを言ったら、やっぱり言いたくなるんちゃうん?

(蘭)言いたくなるって何を?

(旦那)関与したくなるってこと。こうした方がいいんちゃう?とか。

(蘭)いやそれは多分上手いこと言ってくれる人なんて少ないと思うわ。「病院いけ」って言うわ。「俺はわからんから」複雑になってきたら、「もう病院行ってどうにかし」っていう。「俺わからんから」みたいな。投げるか、中途半端に怒鳴るっていうか怒って、あのー…

(旦那)そりゃ怒鳴るよね。それは当然。多分。

(蘭)あのー、実家帰れみたいなぐらいいくか、お前には見せられへんみたいな感じで。

(旦那)そりゃ怒るよ。

(蘭)いや、そこまで大げさじゃないねんで、実は。多分だからいきなり聞いたら、旦那はそこまですごい想像が膨らむから、どないなってんねん?みたいになんねんけど、大したことないねん。ただ子供がトイレの外にいるだけで。

(旦那)やろ?その大したこと無いっていう風に思い込んでるだけであって。他からみたらそんなことはなくて。そのプレッシャーを与えてもらうためにも言って、ほんでバンバン怒られたらええんちゃう?

(蘭)まあ、自分がなんてヒドイことをしてるんやっていうのを…

(旦那)そうや。で、家族とか親戚とかにも言って、まあ言えたらやで?言うのはかなり辛いけど、姉弟とかにも言って、バーンって言われたほうが、客観視できるし。まあ段々段々慣れてくるから。そんなん

(蘭)でも言って投げっぱなしっていうのは良くないで。

(旦那)その程度やねん。他人なんか。旦那にしてもその程度やから。あの、そのくらいの気持ちでおらんと、あのー、求めすぎたら、それを裏切られた時にガックシ来るわけやん。

(蘭)どゆ意味?

(旦那)だから、旦那と協力すれば上手いこといくってか、頼りにしてしまうと、あのー、理想が高すぎて、温度差があって、向こうのフィードバックがゆる過ぎたら、とか投げっぱなしとか適当になってきたら、腹立ってくるから。そんなもんやっていう風に思っとかなあかんわ。そんなもんやからな、実際に。旦那であったとしても。でも、自分で一人で考えるよりも、言ってバーンて怒られた方が、マシやな。そのプレッシャーがあってもいいんじゃない?

(蘭)いや、多分な、あのー…

(旦那)おおやけにせんとな。

(蘭)この前も、なんか全然関係ない話でそういう話になってんけど。なんやろ?動かしたくない自分がいるねん。物事を。人に言うことで、なんやろ?一時停止してるものが進んでいく。再生される。のが、現状維持をどかで保ちたい自分が居るねん。でも人に言うことで、そこをズケズケ入ってこられたり、いじられるんが嫌な自分がおんねん。だから、蘭ちゃんに多分言ってきてるんやと思うねんな、メールで。

(旦那)それがそもそも諸悪の根源で、その考えを作るから…。摂理に反してるからな。諸行無常やから、人生ってのは。ずっと流れていくもんで、消えてなくなり移り変わるもんやねん。止まるってことは一切ないから。で、それを人工的に止めてるわけやからそれはおかしくなるよねって話やねんな。

(蘭)まあ止めるっていうか、どっかで安心してるのがあんねんな。辛いねんけど、過食嘔吐とかって。辛いねんけど、でも「じゃあやめなさい」って言われたらしんどいねん。

(旦那)けどそのプレッシャーがあるから、ちょっと慣れるのを緩めてきてくれたり、子供に対しても振り返るキッカケを作ってくれたりになるわけよ。

(蘭)まあね。どっかで目があったほうがいいねん。ほんとは。監視の目が。

(旦那)そうそうそう。で、家族やからそのくらいのことやってもええと思うで。親戚とかはキツイかもしれん。だからせめて旦那には…旦那が協力的やったら良いねんけど、そうじゃなかったら結構キツイな。うーん…。とりあえず子供のことを考えて見たら良いんじゃない?…か、まあ俺やったら、蘭ちゃんによく言ってるけど、もう、怒ってしまったりするのはもうしょうがないから。それが蘭ちゃんやから。子供にそこはガマンしてもらうしかないと。親やねんから完璧じゃないから、子供もガマンする部分がいる。そのかわり、蘭ちゃんが余裕があるときは全力で遊んであげたり、全力で接してあげたり、したら良いよっていう風に言うわけよ、俺は。

(蘭)うん

(旦那)だから、子供にもガマンしてもらうっていう考え方を、入れても良いかもしれへんな。

(蘭)まあ子供は親を選ばれへんからな。

(旦那)ただその代わりやでっていう。余裕があるときは、全力を出してちょうだいよってこと。それを怠ったら意味が無いよね。その部分は、愛を持って接してあげたら良いんじゃない?怒る時も愛を持って接してあげたら良いんじゃない?過食嘔吐にしてもな、自分がやっとって後で知られたら嫌なんかもしれんけど、そこに愛があれば、大丈夫やからな。家族は。
…っていう良い事を言ってんねんけど。

(蘭)まあ、参考になりましたかね。

(旦那)(笑)

(蘭)フフ(笑)

(旦那)以上です。ありがとうございました。

(蘭)ありがとう。またよろしく。

文字起こしライター

noripiyo

ペンネーム:のりぴよ
年齢:1989年生まれ
性別:女
好きなもの:鳥

高校の時に始めたダイエットがキッカケで拒食になり、その後→過食→過食嘔吐まで経験しました。摂食障害を抱えてた数年間はたくさん葛藤したり一喜一憂したりと色々と経験しましたが、そのいろんな経験という人生のパズルを積み重ねていくうちに、だんだん「摂食の症状に頼ろう」っていう気持ちが無くなって、24歳の頃にきっぱり摂食さんを手放しました\(^o^)/そんなかんじで一応、克服した人っていう設定です(笑)詳細はコチラ

最後に

  • 私も相談したい・質問したいという方はコチラから。
  • 他の質問を回答してる動画を見たい方はコチラへ。


LINE@(@gcj8867p をID検索)

関連記事

初めての方へ

はじめまして。蘭と言います。

1983年生まれ、現在は旦那さんと娘と息子の4人家族で神戸に住んでいます。

その前までは、5年の過食嘔吐、嘔吐を辞めて完治するまで9年。全部で14年かけて摂食障害を克服しました。

おこがましいですが、その経験を活かし、渦中にいる方のお手伝いを旦那さんと2人でしています。

お手伝いと言っても、専門家や医師ではないので、カウンセリングや、診察など出来ませんが、その他の方法でいろいろやっています。つづきを読む。


最近のコメント欄