摂食障害と蘭 Eating Disorder Ran

[摂食障害と対人関係療法]第10回 直接対決

「摂食障害と対人関係療法」というテーマでかきのすけさんに連載コラムを書いていただいてます。連載の一覧はコチラ

第10回 直接対決

直接対決。緊張して、また症状は続くし、直接喧嘩などもしてこなかった私には、カウンセラーに会うまでの日は、毎日がドキドキだった。

私はカウンセラーを変えて欲しいと言ったものの、正直カウンセラーの人が嫌、というよりは私の気持ちをわかってくれていない事が辛いんだ、という事はわかっていた。

食事の取り方も、私がわかって欲しかったのは、同じ物を同じ順番でしか食べられない、それ以外を望んでもできない、という辛さについて共感をして欲しかった事。

物事を批判的に捉える、という点については理解出来なかった。これはどういう事か聞かねば!こんなに辛い思いをしてるのに、なにがわかるんだ!そんな気持ちで。。

伝える事を、漏れがないようメモに書いた。そうしているうちに、新たに私がカウンセラーの人に対して感じていた気持ちに気付いた。私は最初から、カウンセラーのひとが、研修生という一人前ではない人、という思い込みがあった事。それもあいまって、カウンセラーの人に始めから不信感を抱いてた事。

全てを声を震わせながら必死で伝えた。

カウンセラーの人はじっと話を聞いて、「そんな風に感じていたんですね」と。

どんな内容の会話だったか、今となっては細かくは覚えていないけど、私は自分の素直な気持ちを伝えれた事で、かなり気持ちが楽になった。それはよく覚えてる。

今まで、精神科の先生と喧嘩して、通わなくなったこともあったし、やっぱり理解してくれてない!って思う事は何度もあった。

でも、今回は私がずっと受けたいと思っていた対人関係療法。何とか理解してほしい!という気持ちもあったし、この治療を続けてみたかった。

カウンセリングの90分をフルに使い、私の感じていた気持ち、カウンセラーのひとはどう思って言葉を発信したか、素直に話し合いをして、最後は、この後も今のカウンセラーのままで治療を続けましょう、という内容で落ち着いた。

これも、後になって思った事だが、この時にカウンセラーに対して下手ながらでも、自分の想いを伝えた事も、治療の一つとして大事な過程だったのかな?と感じた。また、カウンセラーの人が何度も言っていたのは、カウンセラーに対して、少しでも不安や理解出来ない部分があれば、どんな些細な事でも言ってください、と何度も言われていた。カウンセラーの考えと患者の考えが同じ方向に向かなければ、やはりこれも治療を上手く進めていけないからだそうだ。

今まで、例えば私が自分の話をした時に、相手は「それって〇〇っていうことだよね?」と返され、あれ?私が伝えたかった事とちょっと違うけど??と思ってもスルーしていた。
「かきのすけって○○な子だよね」と言われても、うん?ちょっと違うって思っても、それもスルーしてた。

わざわざ訂正するのも面倒だったし、訂正しては悪いような気もしていたから。訂正したり相手と意見が合わないとかでもめるよりは、自分さえ抑えて丸く収まるなら、それが一番だと思ってた。自分を主張する事が極端に苦手な私は、そうやっていつも周りに合わせていたな。。とふっと感じた。そりゃ、自分見失うわ!!(^^;

そう考えると、自分がこの病気になったのも納得だった。なるべくしてなり、これ(過食嘔吐)は、ある意味、素直に自分を出せない私の支えになっていた事。

だから、この全く嬉しくはない支えに頼らなくてもいいように、こうして治療をしていくんだ。。と後になって感じるようになった。

話は少し逸れたけど、、

そして次の課題。それは、両親に自分が期待している事や素直な自分の気持ちをを伝える、というものだった。

「私の事を本当はどう思っているか?」それが私はずっと気になっていた。その事は直接話をしてもいいし、手紙に書いてもいいから、やり取りしてみる。
そして引き続き、自分の気持ちに変化があった出来事を振り返る。

この2点を、次の面接までに行うことになった。

連載の一覧はコチラ

執筆者

dancer

名前:かきのすけ

はじめまして。10代の頃からダイエットをきっかけに、過食、過食嘔吐になり35歳で、今も治療を続けています。私は対人関係療法という期間限定の治療を受けました。過食嘔吐自体はなくなっていませんが、心持ちの変化は沢山ありました。個人的に学んだ事や心の変化を書いていきたいと思います。宜しくお願いします(^-^)詳細はコチラ

コメント

コメントを匿名で書き込むことができます。

  • コメントする場合は下からお願いします。
  • 名前、アドレス、URLは記入しなくてもコメントできます。
  • 荒らし・誹謗中傷を防ぐため承認後の反映にしています。


LINE@(@gcj8867p をID検索)

関連記事

コメント

コメントをお待ちしております

初めての方へ

はじめまして。蘭と言います。

1983年生まれ、現在は旦那さんと娘と息子の4人家族で神戸に住んでいます。

その前までは、5年の過食嘔吐、嘔吐を辞めて完治するまで9年。全部で14年かけて摂食障害を克服しました。

おこがましいですが、その経験を活かし、渦中にいる方のお手伝いを旦那さんと2人でしています。

お手伝いと言っても、専門家や医師ではないので、カウンセリングや、診察など出来ませんが、その他の方法でいろいろやっています。つづきを読む。


摂食障害専門SNS「Eating Disorder」

摂食障害専門のSNSを運営しています。匿名、無料、完全クローズドなネットコミュニティです。中の様子がどんな感じか蘭と旦那の投稿記事だけ下から見れるようにしています。(他の方のは見れません。)参加には条件がありますので、興味ある方はコチラをお読みください。

最近のコメント欄