摂食障害と蘭 Eating Disorder Ran

[摂食障害心の気づき]充足した毎日を過ごすにはどうすればいいのか。

納得した毎日を過ごすにはどうすればいいかを2つの両輪に例えてお話しました。

文字起こし

(文字起こしはのりぴよさんにまとめてもらっています。)

(旦那)どうもどうも

(蘭)どうも。何ですか?あなたの気付きは。

(旦那)気づきじゃないねんけど、あのー、基本的に、二つにわかれると思うねん。

(蘭)何が?

(旦那)一つは、あのー、井戸端会議とかして、愚痴を言いまくる人。か、あのー、何か希望を持って前に進むか。っていう二つに分かれる気がすんねん。他ってあんまないねん。

(蘭)ゆうきはどっちなん?

(旦那)どっちも。だからそのバランスを取るんやと思うねんな。で、その両方ともやってなかったら、恐らくかなり辛いと思うねん。精神状態的に。鬱とかになったりする可能性がある。で、大きく分けて二つ。例えばオバちゃんとかっていうのは、井戸端会議みたいに、もう悪口言ったり、グチを言ったり、要するに、頭で思ったことを直接ビーンってでるみたいな事を言って、気を済ますみたいな、そういう生き方をするわけやん?それは一方でかなりありきな生き方なわけよ。楽しい生き方で。で、もう一方で、何かこう目標を決めて、目標っていうか、楽しい事をやってプロセスを楽しむっていう。

(蘭)それでストレス発散するってこと?自分の楽しことをして。

(旦那)いや、バランスが取れるって感じかな。どっちにしろ。

(蘭)うん。ほんで?

(旦那)だからその、二つしか無いような気がすんねんな。

(蘭)いやそんなこと無いやろ。溜め込んでる人もおるやろ。

(旦那)ほんでだから溜め込んでる人は、しんどいわけやん。その溜め込むんじゃなくて、あのー・・・充足感というか、充実してるなッて思うには、この二つを使うのが良いんじゃないかな?ってことやね。
例えば、蘭ちゃんは家族がおるやん。家族でなんで充足するかって言うと、そういう自分が思ったこととかを言えるからやん?て言うことはその井戸端会議のオバちゃんの方に、ウェイトが行ってるわけ。で、例えば摂食障害の人とかやったら、それが苦手な場合がある。

(蘭)摂食障害は関係ない。

(旦那)関係ないかもしれんけど、グチを言えない人っておる。

(蘭)というか何かこう、グチを言うのがあかんみたいな。その、マイナス的な。自分の何やろ?本性を見せてるような感じがして、言われへん人おるよね。良い人ぶりたいというか。

(旦那)心を開けない人っていうのは、井戸端会議とかは苦手なん。そうなるとウェイトをこっちに持ってこなあかんわけよ。

(蘭)うん。

(旦那)こっちって結構むずかしいワケよ。

(蘭)あ~、楽しい事?

(旦那)要するに、没頭することを見つけたいっていう人よくいるけど、それってそういう事考えてる時点で、ちょっと違うから。あのー、方向性というか。

(蘭)うん、そやな。多分そういうことしてる人っていうのは既にもう、入ってるし。もとからそんな悪口とか人に興味ない人やろ?それは。

(旦那)うーん、だから「今でしょ」が出来る人なワケよ。プロセスやねん。結果じゃなくてプロセスが楽しいからやるっていう人向きやねんけど、ただ、訓練すれば出来るわけよ。意識すれば出来るわけよ。

(蘭)うん。

(旦那)けど簡単なのはこっちなわけ。

(蘭)うん。

(旦那)でも、両輪をやっていけば、まあまあ充足できるんじゃないかなと思うわけ。

(蘭)うん。そらそうやろ。

(旦那)だから、でも、あのー…フワッと分かってても、今ハッキリ二つって言ったから、「あ、そういうのがあんねんな」っていうのが分かるけど、実際フワッと思ってたら、どうしてええか分からんわけやん?

(蘭)自然にやってるんちゃうん?みんな。

(旦那)そう、それを意識してやればいいって事。グチを言えば、要するに、安定する。一つの両輪は。

(蘭)でもゆうきもどちらかと言うと、グチを言うのは良くないって思ってる人よね?

(旦那)でも、グチじゃなくてもええねん。コレって言うのは。要するに喋ればええねん。結局の話。思ってることを、自分の思ってることを、今みたいに、この動画撮って喋るやん?それでもええねん、別に。一番ええのはその、辛いこととかっていうのを、自分が抱えきれんことを言うのが、一番ダイレクトでええねんけど、まあなんでもええねん。そういう環境を作って言うってこと。積極的に言うってこと。…は、こっちで。これはどちらかと言うと、まだマシやん。簡単やん。簡単じゃないかもしれんけど、まあ、相手が居れば。相手を探して。
で、もう一個は、プロセスを楽しむっていう。なんかもっとフワッとしてる感じやん?それもやんねんけど、このやり方っていうのが一つあって。今あるリソースでやるっていうことやねん。リソースっていうのは、資産みたいな感じなんやけど、自分が出来る範囲でやるっていうこと。よく、目標とか、その、なんて言うんかな?えー…没頭したいとかってなると、こう、ポンと飛んでまうねん。自分の出来んことを想像してしまってそれを目指してしまうねんけど、そうじゃないねん。ハッキリ言って。目的はそれじゃないねん。

(蘭)じゃあ例えば何?蘭ちゃんやったら何?例えば。

(旦那)今蘭ちゃんができることってあるやん?例えば今は動画撮ったりとか。

(蘭)うん。

(旦那)できることやん?だからそういうできる事を、工夫してアイディア出して一生懸命やんねん。そっから繋げていくねん。それしか無い。他のことやってんのは間違えてるから。上手く行かへんから。絶対に。

(蘭)何?他のことって。

(旦那)例えばなんやろな?いきなり違うことをして、あのー…理想としてる人みたいに近づこうとするとか、なんかそう言う目標を立てるのは、ちょっと違うんや。

(蘭)まあ、なんやろ、近道では無いよね。

(旦那)それは、なんか違うな。それは結果論として後で10年後とかに、その結果が出た時にインタビューとかされた時に適当に繋げて言ったらいいだけの話で。あまり意味がなくて、やる事っていうのは、今できる範囲で何かやるってこと。その何かやるっていうのは、例えば、簡単に言えば、周囲の人っておるやん?家族でも、友だちでも、困ってることって何かあるやん?それを助けるにはどうすればいいかっていうのを考えんねん。それに一回全力を投資してみる。投資っていうか、全力で考えてやってみる。ほんなら、まあ喜んでくれるやん?ほんなら他の人にも使えたりするわけ。とか、あとそれをやってる中のプロセスで、何か派生で生まれたりする。そんで繋げていくわけ。

(蘭)で、蘭ちゃんに何してくれるん?

(旦那)蘭ちゃん?

(蘭)そうや。身近な人に徹底的にやってあげるんやろ?尽くしてあげるんやろ?

(旦那)違うよ、それは身近な人の方がやりやすいから言ってるだけであって。別に蘭ちゃんにするしないっていうのは俺の自由やから。

(蘭)なんでよ。

(旦那)じゃあ、例えばやで?今その、摂食障害っていう人のサポートができる立場におるとしたら、どうやったら、軽減するやろう?っていうのを考えたりするっていうのが、今ある俺らのリソースの中でできることやん。そういう事を考えていったら、繋がっていくわけよ。アメーバみたいに。っていう風に枝分かれしていくわけよ。そのプロセスを楽しむっていう意識を考えるのが、この右側の車輪なん。

(蘭)はいはい。

(旦那)だからそういう風に、井戸端会議でグチとか言うのと、あとそういう風に枝分かれして今あるリソースでやっていくっていうのは、この両輪で行ったら、わりと充足した生き方ができるわけよ。

(蘭)蘭ちゃんらはやってるやん。

(旦那)なんで蘭ちゃんの話なん?

(蘭)なにが?

(旦那)じゃあ蘭ちゃんは?言ってよ。具体的に。

(蘭)いや、蘭ちゃんもグチも言いまくるし、動画も撮ってるやん。料理もしてるやん。

(旦那)やろ?それを作ってるのは全部俺やからな。

(蘭)ちがうで。蘭ちゃん。

(旦那)土台をつくってるのは全て俺やからな。

(蘭)ranchan.meやで。

(旦那)(笑)ranchan.meの意味分かってんの?

(蘭)知らん。

(旦那)ranchan.meやで。

(蘭)蘭ちゃん今日滑らんって言われたで。
すべて蘭ちゃんのせい(笑)

ッて感じで。

(旦那)はい、以上です。

(蘭・旦那)さよなら~。

文字起こしライター

noripiyo

ペンネーム:のりぴよ
年齢:1989年生まれ
性別:女
好きなもの:鳥

高校の時に始めたダイエットがキッカケで拒食になり、その後→過食→過食嘔吐まで経験しました。摂食障害を抱えてた数年間はたくさん葛藤したり一喜一憂したりと色々と経験しましたが、そのいろんな経験という人生のパズルを積み重ねていくうちに、だんだん「摂食の症状に頼ろう」っていう気持ちが無くなって、24歳の頃にきっぱり摂食さんを手放しました\(^o^)/そんなかんじで一応、克服した人っていう設定です(笑)詳細はコチラ

最後に

他の心の気づき動画はコチラから。
自分の中での気づきがある場合は匿名掲示板で書き込めます。

初めての方へ

はじめまして。蘭と言います。1983年生まれ、現在は旦那さんと娘と息子の4人家族で神戸に住んでいます。その前までは、5年の過食嘔吐、嘔吐を辞めて完治するまで9年。全部で14年かけて摂食障害を克服しました。このサイトでは、皆の摂食障害体験を共有するアンケート、摂食障害経験者によるコラム、自由に書き込める摂食障害のための掲示板を管理しています。