摂食障害と蘭 Eating Disorder Ran

[即席お悩み相談室]ぱるさんからの相談とSNSメンバーの回答

摂食障害専門SNS「Eating Disorder」のメンバーに相談し、答えてもらおうという企画「即席お悩み相談室」をやっています。今回も相談がありましたので共有したいと思います。

相談者:ぱるさん

摂食障害は難病に指定されていると聞きます。また、摂食障害はじめ精神的病気は、一時的に症状が改善しても完治したわけではなく、またいつ発症するか分からないと聞きます。
だから病気を治すことより、病気を受け入れ、付き合っていく生き方を考えたほうが楽になれるのではないかと思っています。
このような発想は、単なる逃げでしょうか。

回答

かきのすけさん
受け入れるって凄く勇気がむしろ必要なのもだと私は思います。特に精神的な病気は目に見えないから、病気かどうか、というのは自身の捉え方でも、かなり変わると思います。
私自身は、これは病気だって捉えてまが、それも人それぞれでいいと思う。どんな解釈をしても、要は自分自身を助けてあげれる解釈が一番だと思います。
そして難病指定というのも、それぞれにきっと感じ方も違うように思います。難病指定という名前がある事で救われる人と、絶望になってしまう人。
どちらもきっとありで、色んな事を含めて、最終自分自身が、どんな自分も大切に思えたらいいんじゃないかと。。
すいません(-_-;)凄くわかりにくくて。
私も、10年以上この病気なので、これは自分にあるもの、それでも、自分がしたい事をなるべく大切に生きていこう、ってゆる~く考えてます。

ろるさん
食べたいから食べて、
食べたくないから食べないで、
吐きたいから吐いて。
色んな葛藤があるにしても、結局は、結果的には、私の思い通りに動いているんだから病気でもなんでもないよな。
私は好き勝手やってるだけだよなって思っています。だから、私は一日何回吐こうがそれで体調が悪くなろうが病気じゃあない。
そう自分を見ています。
難病指定になっていることは、上手く言えませんが、もやもやします。

逃げではないと私も思います。
頭ガチガチの堅物女でごめんなさいorz

わがままさん
私も、高校生の頃から拒食症…。完治じゃなくて寛解でいいと思っています。もはや、人生の半分以上を摂食障害とともに生きていると、自分の個性だと思っています。今、カロリーをやんわり気にしつつ、標準体重を受け入れて、食べログで調べたお店で食事を楽しんだりしています( ´∀`)…、で、前後の食事を控えたりしてます。

ちぇるさん
私も受け入れてます。趣味のひとつくらいに思うと、悲観的になったり、落ち込んだりあまりしません。最近やりすぎだで控えよ…と冷静に考えることができて、割り切れる気がします。逃げと思うことはないですよ。ゆるゆるで〜(^^)

ハーブさん
私も逃げではないと思いますm(__)m

イオリさん
いえ、逃げではないと思います。受け入れるというのは大事です。受け入れつつ病気と一緒に日々過ごす事が大事だと思います。私はこの病気になってもう20年位になるけど、最初は受け入れられなかった。でも、最近は受け入れていくと生き方が少し楽になりました。『あ~、また拒食が始まった~』とか『今日は過食嘔吐だ~』ってな感じで、病気に振り回される事もあるけどそれはそれ。何かに敏感になってるんだなぁ~って思います。こんな感じで質問の答えになってるでしょうか?あくまで私の意見です。

アンケート

—– ペンネーム —–
ぱる
—– 自分が思う性別 —–

—– 生まれ年 —–
1979年
—– 住んでる場所 —–
大阪
—– メールアドレス —–
非公開
—– 信仰してる宗教を教えてください。 —–
なし
—– 摂食障害歴 —–
自覚してから3年
—– 身長 —–
150
—– 現在の体重 —–
39
—– 今までの最低体重 —–
36
—– 今までの最高体重 —–
47
—– 理想体重 —–
36
—– 結婚はしてますか? —–
なし
—– 子供はいますか? —–
なし
—– 付き合っている人はいますか? —–
なし
—– 現在の状態 —–
拒食症,過食症,チューイング,下剤,下剤乱用,絶食,過度の運動,うつ病,帳消し行為,不眠症,OD
—– その他の状態 —–
解離性障害,アルコール依存
—– 昔あった症状 —–
不眠症
—– 昔あったその他の状態 —–
アルコール依存
—– 今の摂食の状態、心理状態を教えてください。 —–
拒食期と過食期の繰り返し。
—– 摂食障害になったきっかけ、経緯を教えてください。 —–
仕事が忙しくなり、食べることを忘れるようになった。痩せ始めたら嬉しくなり、もっと痩せたくなった。
—– 自分の症状を理解してくれる人はいますか? —–
なし
—– 家族との関係性を教えてください。 —–
両親は海外、妹は他県在住、何年も音信不通。
—– あなたの食生活を教えて下さい —–
朝:野菜ジュース
昼:なし
夜:拒食期はお酒だけ
過食期はお酒と過食

—– 過食嘔吐の頻度は? —–
嘔吐したいけどできない。
—– 過食時の食べ物の種類と量はどのくらいですか? —–
居酒屋等で、お酒・肉・揚げ物・炭水化物。
帰りにコンビニで、お酒・お菓子・ラーメン・お弁当。
1日1万円程度。
—– 初対面の人と食事はできますか? —–
できる
—– 好きな食べ物は何ですか? —–
ジャンクフード
—– 嫌いな食べ物は何ですか? —–
野菜
—– 生理は止まった事ありますか? —–
昔から不順でピル服用。摂食障害になってから、婦人科通院ができなくなりピルがなくなって以来、1度も来ていない。
—– 生理は来て欲しいですか? —–
来てほしくない
—– ドラッグはしますか?またどのくらいの量を摂取しますか? —–
酒、4~5リットル
—– どんな仕事をしてますか? —–
デスクワーク
—– 職場(学校)での人間関係はどうですか? —–
特別好きな人も、特別嫌いな人もいない。
—– 病院やカウンセリングには通っていますか? —–
通っている。
—– 処方された薬は飲んでいますか? —–
セロクエル、ルネスタ
—– 時間に縛られてますか? —–
拒食期は縛られている。決まった時間に決まった運動ができないと発狂する。
—– あなたにとって「完治」「克服」とはどういう状態ですか? —–
体重計の数字と食べ物に振り回されず、日常生活を送る。
—– 摂食障害を治したいと思いますか? —–
治したい。
—– 自分の摂食障害が治るにはどうすればいいと思いますか? —–
分からない。
—– 治す為にどんな事をしていますか? —–
何もできていない。
—– 摂食障害が治ったら何がしたいですか? —–
長期旅行、転職
—– 自分の性格はどんな性格ですか? —–
さばさばしてるとよく言われるけど、腹の中は真っ黒。
—– 自分の性格でコンプレックスはどこですか? —–
嫌なことを思い出すのが得意。良いことを思い出すのが苦手。
—– 自分の体でコンプレックスはどこですか? —–
下半身デブ
—– 摂食障害以外の悩みはありますか? —–
家族も友達もいないから一生一人。将来、孤独死すると思う。
—– 趣味や熱中できる事、没頭できる事を教えて下さい。 —–
楽しいお酒と食事の席、資格試験の勉強、スキューバダイビング、ヨガを再開したい。
—– ちょっと自慢できることは何ですか? —–
ラーメン屋も居酒屋も焼肉屋も海外も、どこでも一人で行ける。
—– なぜアンケートを書こうと思いましたか? —–
「Eating Disorder」に参加してみたい。
—– このアンケート項目への要望 —–
なし
—– 今どんな機器をお使いですか? —–
パソコン
—– 私たちが運営している摂食障害専門SNSコミュニティ「Eating Disorder」を知っていますか? —–
知ってる。参加したい。
—– 蘭や旦那に聞きたいことがあれば書いてください。 —–
なし
—– blog,mixi,facebook.twitterなど発信してるメディアがあればリンクを貼ってください。 —–
なし
—– アンケートを送信する日付を書いて下さい。 —–
2015年7月1日
—– このアンケートをシェア(公開)していいですか? —–
公開してもOK!
—– 書き残したいことを書いてください(自由文章) —–
アンケートに参加させていただき、ありがとうございました。

最後に

今回の即席お悩み相談室は以上になります。参考になれば幸いです。回答してくださったSNSメンバーの皆様ありがとうございました。

  • 私も相談したいという方はコチラから。
  • 他の即席お悩み相談室の相談と回答を見たい方はコチラ。(時系列順)


LINE@(@gcj8867p をID検索)

関連記事

初めての方へ

はじめまして。蘭と言います。

1983年生まれ、現在は旦那さんと娘と息子の4人家族で神戸に住んでいます。

その前までは、5年の過食嘔吐、嘔吐を辞めて完治するまで9年。全部で14年かけて摂食障害を克服しました。

おこがましいですが、その経験を活かし、渦中にいる方のお手伝いを旦那さんと2人でしています。

お手伝いと言っても、専門家や医師ではないので、カウンセリングや、診察など出来ませんが、その他の方法でいろいろやっています。つづきを読む。


摂食障害専門SNS「Eating Disorder」

摂食障害専門のSNSを運営しています。匿名、無料、完全クローズドなネットコミュニティです。中の様子がどんな感じか蘭と旦那の投稿記事だけ下から見れるようにしています。(他の方のは見れません。)参加には条件がありますので、興味ある方はコチラをお読みください。

最近のコメント欄